鳥越 俊太郎

(トリゴエ・シュンタロウ)
鳥越 俊太郎(とりごえ しゅんたろう、1940年3月13日 - )は、日本のテレビタレント・ジャーナリスト。本人は“ジャーナリスト”と呼ばれることを嫌い、「ニュースの職人」を名乗っている。 福岡県浮羽郡吉井町(現うきは市)出身。久留米大学附設高等学校を経て、1958年京都大学文学部心理学科入学、転科し史学科国史学専攻卒業。1965年、毎日新聞社入社。新潟支局が初任地。1968年10月、見合いで知り合い結婚。その後、同新聞社の週刊誌『サンデー毎日』編集部に異動。在籍時に「イエスの方舟事件」が発生し、当時編集長の鳥井守幸の方針で主宰者の千石イエスを匿ったため、鳥越を含む編集部全員が犯人隠避で逮捕されそうになる。外信部テヘラン特派員の時に1984年~1985年イラン・イラク戦争の戦場報道を行う。 1988年4月、サンデー毎日編集長となる。1989年8月に毎日新聞社を退職し、同年10月、テレビ朝日『ザ・スクープ』の司会に就任。レギュラー放送終了後も、単発となった同番組の司会を務めている。2003年、関西大学社会学部の教授に就任。 2005年4月5日、呼びかけ人の一人として『マスコミ九条の会』結成に参加。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

鳥越 俊太郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

鳥越 俊太郎の著書を検索する

鳥越 俊太郎の関連ニュース


鳥越 俊太郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、鳥越 俊太郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「鳥越 俊太郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.