戸坂 潤

(トサカ・ジュン)
戸坂 潤(とさか じゅん、1900年9月27日 - 1945年8月9日)は、日本の哲学者。 来歴・人物 東京市生まれ。青南小学校、東京開成中学校、第一高等学校(現東京大学教養学部)理科を経て、1924年京都帝国大学文学部哲学科卒業、同大学院進学。京都高等工芸学校(現京都工芸繊維大学)講師、同志社女子専門学校(現同志社女子大学)講師、神戸商科大学講師、大日本帝国陸軍少尉等を経て、1929年大谷大学教授就任も、翌年検挙(一週間で釈放)。1931年から1934年まで法政大学講師。後に同大教授となる。(1933年に法政騒動で教養学部辞職。余波は続き1934年に文学部解職。1935年、1938年検挙。1940年保釈出所するも1944年に東京拘置所、空襲のため1945年に長野刑務所へ移送。)ちなみに三木清は1930年に検挙されており、その意味で戸坂は三木の後任だったと言える。 もともとは物理学専攻であったが、後に西田幾多郎の下で哲学を学ぶ。西田に師事する一方で、軍部のイデオロギーに観念論的に影響を与えたとして西田や田辺元らを批判した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

戸坂 潤の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

道徳の観念

¥929 (⇒¥790

ゴマブックス 2016-07-20

日本イデオロギー論 (岩波文庫 青 142-1)



岩波書店
帯ありません。若干のスレはありますがほぼ普通です。小口、天辺に少しヤケがあります。中身は少しヤケはありますがきれいです。

現代哲学講話

¥2711 (⇒¥1898

ゴマブックス 2016-07-20

現代唯物論講話

¥2527 (⇒¥1769

ゴマブックス 2016-07-20

現代語訳 陸軍省パンフレット 「国防の本義とその強化の提唱」: 2.26事件、日本ファシズムの原点


大正昭和史研究会 翻訳 /
2016-08-09
 1934年、陸軍省新聞班の名で出されたパンフレット『国防の本義と其強化の提唱』は、大きな波紋を投げかけた。これは、国家総動員体制へと向かう方向性を明確に示し、その後の天皇機関説問題、二・二六事件の予

戸坂潤作品集: 全63作品を収録 (青猫出版)



青猫出版 2016-12-13
全63作品を収録。 目次リンクから各作品へ移動できます。 【収録作品】 イデオロギー概論 イデオロギーの論理学 所謂批評の「科学性」について

戸坂 潤の著書を検索する

戸坂 潤の関連ニュース


戸坂 潤のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、戸坂 潤と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「戸坂 潤」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.