豊田 穣

(トヨタ・ジョウ)
豊田 穣(とよだ じょう、1920年(大正9年)3月14日 - 1994年(平成6年)1月30日)は、日本の小説家・作家、元海軍軍人(最終階級は海軍中尉)。 本名は同じ字であるが、「とよだ みのる」と読む。豊田副武とは血縁関係ではないが、海軍時代に機関長から豊田副武の息子かと聞かれるくらい体格が似ていた。 第二次世界大戦について「日本をあの戦争に追い込んだのは、日本を囲むいわゆるABCD包囲網それにフランス、ソ連を加えた諸外国の動きを別にすれば、日本という国家及び日本人それ自体の体質、そして、軍事よりむしろ、政治、経済、外交の性格や方向づけに問題があったのではないかと、私は考えるようになった」と述べている。 豊田の全著作と執筆の際に参考にした戦史・戦記・伝記資料などは、故郷・岐阜の岐阜県図書館に「豊田穣文庫」として収蔵されている。 満州の四平街に生まれる。その後、郷里の岐阜県本巣郡穂積町(現瑞穂市)へ戻り、1937年(昭和12年)3月、岐阜県立本巣中学校を卒業。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第64回 直木賞

豊田 穣の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

雪風ハ沈マズ―強運駆逐艦 栄光の生涯



光人社
運命とは、命を運ぶ、と書く。その単純な哲理を信ずることに徹して、激戦のさ中に艦と人とを預かり、不撓不屈、豪胆なること山の如く、猛きこと火の如く自らの幸運を招きよせる、日本海軍随一の”豪傑艦長”の指揮下

海軍軍令部 (講談社文庫)



講談社 2014-07-18
明治海軍は軍令部創設によって伸長、日清、日露戦争で連合艦隊の大活躍を生む。勢いに乗り巨艦を増強、太平洋戦争へと突入するが、軍事力の中核はすでに空母や航空機に転じつつあり、対応できなかった日本は惨敗! 

豊田 穣の著書を検索する

豊田 穣の関連ニュース


豊田 穣のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、豊田 穣と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「豊田 穣」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.