坪井 忠二

(チボイ・チュウジ)
坪井 忠二(つぼい ちゅうじ、1902年(明治35年)9月9日 - 1982年(昭和57年)11月19日)は日本の男性地球物理学者、随筆家。東京大学名誉教授。理学博士で、寺田寅彦の弟子として知られている。 坪井正五郎・直子の次男として東京都に生まれた。父・正五郎はコロボックル日本原住民説を唱えた人類学者で、母・直子は箕作秋坪の長女。従って忠二は坪井信道と箕作阮甫の曾孫であり、地質学者・鉱物学者・岩石学者の坪井誠太郎は忠二の兄にあたる。また、蘭方医・坪井信良(信道の娘婿で正五郎の父)は忠二の祖父。 1915年に東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)、1920年に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。附属中学の同級生には、下村三郎(元最高裁判所判事)、市原豊太(元獨協大学学長)、菊池正士(ドイツ文学者)、中島健蔵(フランス文学者)などがいた。 旧制第一高等学校を経て東京帝国大学理学部物理学科に入学、寺田寅彦に師事する。1926年(大正15年)に卒業して東京大学地震研究所の助手となった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

坪井 忠二の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ファインマン物理学〈1〉力学


坪井 忠二 翻訳 /
岩波書店
一部書き込みがありますが、読むには問題ありません。

新版 自然界における左と右


Martin Gardner 原著 /坪井 忠二 翻訳 /小島 弘 翻訳 /藤井 昭彦 翻訳 /
紀伊國屋書店

現代の自然観〈第1〉宇宙の探究 (1960年)


坪井 忠二 編集 /宮地 政司 編集 /坂本 峻雄 編集 /
岩波書店

自然界における左と右



紀伊国屋書店

力学物語 (1970年)



岩波書店


坪井 忠二の著書を検索する

坪井 忠二の関連ニュース


坪井 忠二のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、坪井 忠二と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「坪井 忠二」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.