土屋 文明

(ツチヤ・ブンメイ)
土屋 文明(つちや ぶんめい、1890年(明治23年)9月18日(戸籍上は1月21日) - 1990年(平成2年)12月8日)は、日本の歌人・国文学者。 群馬県群馬郡上郊村(現・高崎市)の農家に生まれる。幼少期に伯父に俳句を教わり、旧制高崎中学(現・群馬県立高崎高等学校)在学中から蛇床子の筆名で俳句や短歌を『ホトトギス』に投稿。卒業後に恩師・村上成之の紹介により伊藤左千夫を頼って上京し、短歌の指導を受け『アララギ』に参加。更に左千夫の好意により、第一高等学校文科を経て東京帝国大学(現・東京大学)に進学。東大在学中には芥川龍之介・久米正雄らと第三次『新思潮』の同人に加わり、井出説太郎の筆名で小説・戯曲を書いた。1916年(大正5年)に文学部哲学科(心理学専攻)卒業。 戦前 1917年(大正6年)に『アララギ』選者。長野県諏訪市・松本市の高等女学校で教頭・校長を務める傍ら作歌活動を続け、法政大学予科教授の1925年に第一歌集『ふゆくさ』を出版。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

土屋 文明の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

子規歌集 (岩波文庫)


土屋 文明 編集 /
岩波書店

近代作家研究叢書 (62)



日本図書センター

竹乃里歌―正岡子規全歌集


土屋 文明 編さん /五味 保義 編さん /
岩波書店

万葉集年表


土屋 文明 編さん /
岩波書店

土屋文明全歌集


小市巳世司 編集 /
石川書房

新短歌入門



筑摩書房


土屋 文明の著書を検索する

土屋 文明の関連ニュース


土屋 文明のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、土屋 文明と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「土屋 文明」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.