土屋 賢二

(ツチヤ・ケンジ)
土屋 賢二(つちや けんじ、1944年11月26日 - )は、日本の哲学者、エッセイスト。お茶の水女子大学名誉教授。専攻はギリシア哲学、分析哲学。 岡山県玉野市出身。岡山県立岡山操山高等学校から、官僚を志し東京大学教養学部文科一類入学。1967年東京大学文学部哲学科卒業。学科同期に菅野盾樹(大阪大学名誉教授)、袴田茂樹(青山学院大学名誉教授)など。その後宅地建物取引士の資格を取り、不動産会社で3ヶ月働く。東京大学院人文科学研究科博士課程中退。 東京大学助手を経て、1975年からお茶の水女子大学教育学部講師。1979年に同助教授に、1989年に同教授に昇格。2002年から2年間、お茶の水女子大学文教育学部学部長を務めた。2010年定年退職、名誉教授。 研究の傍らユーモアエッセイを執筆。一見哲学的な深い洞察をしているように見えながら実は論理的に奇妙な文章になっているという、学術論文をパロディ化したような独特の作風。そこからついたあだ名が「笑う哲学者」。趣味はジャズピアノ。ライブで演奏する曲は『ラカンの鏡』『オッカムの髭』など哲学と関係したタイトルになっている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

土屋 賢二の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

週刊文春 6月1日号[雑誌]


週刊文春編集部 編集 /
文藝春秋 2017-05-25
■■■「『総理のご意向』文章は本物です」文科省前川喜平前事務次官独占告白150分■■■「加計学園の獣医学部新設問題では『総理の意向』という言葉にプレッシャーを感じた

週刊文春 5月25日号[雑誌]


週刊文春編集部 編集 /
文藝春秋 2017-05-18
■■■阿川佐和子 独占手記「今更ですが、私、結婚しました」■■■幼い頃からお嫁さんになって子供を育てることが夢でした。それが叶わぬことと悟り始めたのが40歳の頃で、

週刊文春 5月18日号[雑誌]


週刊文春編集部 編集 /
文藝春秋 2017-05-10
■■■菊川怜と再婚IT長者・穐田誉輝には婚外子が3人■■■「とくダネ!」で小倉智昭が絶賛したクックバッド元社長は前妻と離婚後、2人の内縁女性との間に同時期に子供を……

週刊文春 5月4・11日号[雑誌]


週刊文春編集部 編集 /
文藝春秋 2017-04-26
■■■安倍晋三首相が頼る「運勢」のお告げ「トランプは相性ぴったり」「森友は3月まで。運勢の底は4月4日」■■■安倍首相に頻繁に「運勢メール」を送る人物がいる。中原伸之元東燃社長

週刊文春 4月27日号[雑誌]


週刊文春編集部 編集 /
文藝春秋 2017-04-20
■■■リンちゃん殺害凌辱鬼・渋谷恭正の素性■■■・「3回離婚した」前妻は中国人、最初の妻との間に20代の娘・AKB小動物系好き、東南アジアロリDVDを職場で自慢・身

子どもの難問


野矢 茂樹 編集 /熊野純彦 その他 /清水哲郎 その他 /山内志朗 その他 /野家啓一 その他 /永井均 その他 /神崎繁 その他 /入不二基義 その他 /戸田山和久 その他 /古荘真敬 その他 /柏端達也 その他 /柴田正良 その他 /鷲田清一 その他 /雨宮民雄 その他 /鈴木泉 その他 /渡辺邦夫 その他 /土屋賢二 その他 /斎藤慶典 その他 /大庭健 その他 /中島義道 その他 /一ノ瀬正樹 その他 /伊勢田哲治 その他 /田島正樹 その他 /
中央公論新社

われ笑う、ゆえにわれあり (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
以前から書きとめていたものがかなりの量になり、出版をしきりに勧めてくれる人がまわりにいなかったので、自分から出版を交渉した結果がこの本である(「はじめに」)。「今日からタバコをやめられる──でなくても

週刊文春 4月20日号[雑誌]


週刊文春編集部 編集 /
文藝春秋 2017-04-13
■■■北朝鮮・金正恩“斬首”秒読み政府が覚悟「最悪シナリオ」山口敬之■■■すべては結果責任だ――トランプ大統領は習近平国家主席に迫り、北朝鮮・金恩正斬首作戦はカウン

土屋 賢二の著書を検索する

土屋 賢二の関連ニュース


土屋 賢二のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、土屋 賢二と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「土屋 賢二」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.