土屋 隆夫

(ツチヤ・タカオ)
土屋 隆夫(つちや たかお、1917年1月25日 - )は、日本の小説家・推理作家。
長野県北佐久郡立科町芦田出身。中央大学法学部卒業。
大学を卒業後、化粧品会社(ミツワ石鹸)、映画配給会社宣伝部に勤務した。第二次世界大戦 第二次大戦後、郷里の長野県に戻り、小劇場の支配人を勤めたのち、立科町立中学校の教員となる。
推理小説を執筆する以前には、演劇に傾倒した。真山青果の戯曲を暗誦するまで読み込み、自身も戯曲を執筆した。松竹歌舞伎研究会が主催した新歌舞伎脚本の募集に応募し二席入選を果たしている。ただし、この作品は実際の上演には至らなかった。
江戸川乱歩の評論「一人の芭蕉の問題」を読んだことがきっかけで推理小説の執筆を志した。
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第5回 日本ミステリー文学大賞

土屋 隆夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

不安な産声



光文社


土屋 隆夫の著書を検索する

土屋 隆夫の関連ニュース


土屋 隆夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、土屋 隆夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「土屋 隆夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.