辻 邦生

(ツジ・クニオ)
辻 邦生(つじ くにお、1925年(大正14年)9月24日 - 1999年(平成11年)7月29日)は、日本の小説家、フランス文学者。 来歴・人物 東京市本郷区駒込西片町に生まれる。父はジャーナリストで薩摩琵琶の伴奏家・辻靖剛、母は鹿児島県の医家の出身。辻家の本籍地は山梨県東八代郡春日居町国府(現笛吹市)で、代々の医家。9月24日生まれだったことから、「くにお」と名付けられる。 1930年(昭和5年)に名古屋へ転居し、1932年(昭和7年)に東京へ戻り、赤坂区に住む。赤坂小学校から旧制日大三中を経て、湯河原に疎開時に一浪し、1944年(昭和19年)に旧制松本高等学校理科乙類へ入学、翌年には文科乙類へ転科し、信州大学となった1949年(昭和24年)まで過ごした。寮生活において斎藤宗吉(北杜夫)と知り合い終生交流し、回覧雑誌や句会を行い、演劇にも親しみ脚本執筆、出演もした。信州大学卒業後は、東京大学文学部仏蘭西文学科へ入学。大学では渡辺一夫に師事する一方、民生ディーゼル工業(当時、現・UDトラックス)宣伝部嘱託として働き、父の新聞も手伝い記者の仕事もしている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第31回 谷崎潤一郎賞

辻 邦生の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

西行花伝



新潮社

安土往還記



筑摩書房

嵯峨野明月記 (中公文庫)



中央公論社

嵯峨野明月記



新潮社

背教者ユリアヌス (下) (中公文庫)



中央公論新社
■帯無しです。■中身は、書き込みはございませんが、古い商品の場合淡いヤケがある場合がございます。■状態はカバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、全体的に

P+D BOOKS 夏の砦



小学館 2016-05-13
北欧で消息を絶った日本人女性の精神的彷徨。織物工芸に打ち込んでいた支倉冬子は、一枚のタピスリに吸い寄せられ、魅惑されてしまう。ついにはヨーロッパに留学する決意までした冬子。だが、冬子は

辻 邦生の著書を検索する

辻 邦生の関連ニュース


辻 邦生のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、辻 邦生と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「辻 邦生」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.