辻原 登

(ツジハラ・ノボル)
辻原 登(つじはら のぼる、本名は村上 博、1945年12月15日 - )は、日本の小説家。横浜市保土ヶ谷区在住。神奈川近代文学館館長・理事長。 来歴・人物 1945年和歌山県印南町に生まれる。父は村上六三(1916-1971)で、日本社会党の政治家。参議院選挙で落選したことがあり、左派に属して日中友好協会を運営した。大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎卒業後上京、文化学院文科卒業。同人誌「第2次文学共和國」に参加、1967年田辺市に戻り、家事に従事、1970年再上京し、中国関係の貿易会社に就職。電算機会社コスモ・コンピュータ・ビジネスに勤務する傍ら、1985年に中編小説『犬かけて』で作家デビュー。1986年、同作品で第94回(昭和60年下半期)芥川賞候補。 1990年に、中国の奥地を舞台とし、生まれ育った和歌山県の面影もモチーフとした、中編小説『村の名前』で第103回(平成2年上半期)芥川賞を受賞。主人公の名、橘博の橘は、辻原が生まれ育った土地の名家から取ったもの。橘は和歌山県に比較的多い姓である。 1992年会社を総務部長で退職、執筆に専念。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第103回 芥川賞 / 第50回 読売文学賞小説賞 / 第36回 谷崎潤一郎賞

辻原 登の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

籠の鸚鵡



新潮社

籠の鸚鵡



新潮社 2017-03-10
ヤクザ、ホステス、不動産業者、町役場の出納室長。欲望と思惑は複雑に絡み合い、互いを取り返しのつかない地点へと追い詰める。情事と裏切り、そして二つの巧妙な殺人の後、彼らの目に映った世界とは? 八〇年代半

松尾芭蕉 おくのほそ道/与謝蕪村/小林一茶/とくとく歌仙 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 12)


松浦 寿輝・ 翻訳 /辻原 登 翻訳 /長谷川 櫂 翻訳 /丸谷 才一 翻訳 /
河出書房新社

東京大学で世界文学を学ぶ (集英社文庫)



集英社 2014-11-07
小説はいつの時代も、いたるところで書かれてきた。古くは神話から始まり聖書へ、日本では漢語の輸入から文学の成熟へ。『ドン・キホーテ』、『ボヴァリー夫人』、『白痴』など、世界の名作を細部まで読み解き、物語

冬の旅 (集英社文庫)



集英社 2017-05-12
【第二十四回伊藤整文学賞受賞作】妻の失踪を皮切りに、緒方の人生は転落の一途を辿った。失職、路上生活、強盗致死。そして二〇〇八年六月八日午前九時、緒方は五年の刑期を終え滋賀刑務所を出所する。自らの人生の

冬の旅 (集英社文庫)



集英社 2015-12-17

冬の旅



集英社


辻原 登の著書を検索する

辻原 登の関連ニュース


辻原 登のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、辻原 登と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「辻原 登」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.