辻 征夫

(ツジ・ユキオ)
辻 征夫(つじ ゆきお、1939年 - 2000年)は詩人。東京都出身。東京都立墨田川高等学校を経て明治大学文学部卒業。俳号は貨物船。 1939年(昭和14年)8月14日、浅草に生まれる。 1954年、14歳の頃から詩を読み始め、翌年には詩作に没頭するようになる。雑誌への投稿もこの頃に始める。 1957年春に書かれた小品「美しいもの」は、言葉がいかに詩人を魅了したか、詩的体験の魅惑的な相貌を、読む者に明白に追体験させる力に満ちている。しかしこの年の秋、「木」が発表されて後、辻は書けなくなる。辻自身によれば、この作品は絶望の詩であった。ランボーのような高みやリルケのような深みに達すること、それは自分には無理だ、という自覚が早くもこの時期にやってきたのだと言う。  辻が再出発するのは1987年を待たねばならない。以来、意識的に詩的体験に没入してゆく可能性を探り始めると同時に、作品数も飛躍的に増加した。 2000年(平成12年)1月14日、脊髄小脳変性症闘病中、急逝。 作品 一般に彼の詩作品は、ライト・バースなどと呼び慣わされていて、軽い、つまりは厚味のない作品であるかのように見なされているが、実際にその作品を注意深く読むならば、重層的時空間が混沌として現前する、特異な体験を呼び起こすものであることが多い。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

辻 征夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

辻征夫詩集成



書肆山田

辻征夫詩集成



書肆山田

辻征夫詩集 (岩波文庫)


谷川 俊太郎 編集 /
岩波書店

辻征夫詩集 (芸林21世紀文庫)


清水 哲男 編集 /
芸林書房

詩の話をしよう (ミッドナイトプレス)



ミッドナイトプレス

俳諧辻詩集



思潮社


辻 征夫の著書を検索する

辻 征夫の関連ニュース


辻 征夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、辻 征夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「辻 征夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.