辻井 喬

(ツジイ・タカシ)
『堤清二』より : 堤 清二(つつみ せいじ、1927年3月30日 - 2013年11月25日)は、日本の実業家、小説家、詩人。学位は博士(経済学)(中央大学・1996年)。筆名は辻井 喬(つじい たかし)、横瀬 郁夫(よこせ いくお)。日本芸術院会員、財団法人セゾン文化財団理事長、社団法人日本文藝家協会副理事長、社団法人日本ペンクラブ理事、『歴程』同人、憲法再生フォーラム共同代表、日本中国文化交流協会会長。グスタフ・マーラーにも造詣が深い。 西武流通グループ代表、セゾングループ代表などを歴任した。弟は元西武鉄道会長の堤義明。 本稿では編集の都合上、「実業家:堤清二」と「小説家・詩人:辻井喬」の両者としての経歴を包括している。 1927年、西武グループの創業者堤康次郎と、康次郎の妾(後に本妻)・青山操の間に生まれる。青山は当時康次郎と内縁関係にあったが(のち入籍)、康次郎は5人の女性との間に5男2女を持つ。この事は父への反抗につながり、日本共産党入党や文学への傾倒へのきっかけとなっていく。また「父との確執と、父への理解」は、「小説家・辻井喬」を貫くテーマともなっている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第57回 野間文芸賞 / 第30回 谷崎潤一郎賞

辻井 喬の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

茜色の空 哲人政治家・大平正芳の生涯



文藝春秋 2013-03-15
スマートとはいえない風貌に「鈍牛」「アーウー」と渾名された訥弁。だが遺した言葉は「環太平洋連帯」「文化の時代」「地域の自主性」等、21世紀の日本を見通していた。青年期から、大蔵官僚として戦後日本の復興

叙情と闘争 辻井喬+堤清二回顧録 (中公文庫)



中央公論新社 2012-12-19
元セゾングループ代表にして、詩人・作家。反発していた父のもと実業界に入った若き著者は、二つの名前を往来しながら、大衆社会の幕開けと経済躍進の立役者として時代の渦中を進んでゆく。マッカーサー、吉田茂、本

父の肖像



新潮社

いつもと同じ春(新潮文庫)



新潮社 2016-03-11
百貨店の社長として烈しい競争の世界を疾駆し続ける〈私〉の胸に、ふと、引き裂くように自由への渇望がこみ上げる。そのような時にはまた、宿業を負った生い立ちから、理想に燃えて父に反逆した青年期が思い起こされ

いつもと同じ春 (中公文庫)



中央公論新社


辻井 喬の著書を検索する

辻井 喬の関連ニュース


辻井 喬のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、辻井 喬と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「辻井 喬」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.