辻村 深月

(ツジムラ・ミヅキ)
辻村 深月(つじむら みづき、1980年2月29日 - )は、日本の小説家。山梨県笛吹市出身。 山梨学院大学附属高等学校から千葉大学教育学部卒業。2004年「冷たい校舎の時は止まる」で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。 幼い頃から読書好きで、「シャーロック・ホームズシリーズ」や「少年探偵団シリーズ」などのミステリーから、『ズッコケ三人組』や『クレヨン王国』などのジュブナイルなどを読んでいた。 小学校3年生で「悪霊シリーズ」でホラー小説に出会い、夢中になる。クラスで同シリーズも入っている講談社X文庫ティーンズハートが流行して、感化された小説を書き始めたので、自分も「小説は書いてもいい」と気付き、ノート数冊にホラー調の習作小説を書く。 小学校6年生の時に綾辻行人の『十角館の殺人』を読んで衝撃を受けて以来大ファンとなる。その後、綾辻の作品を読み漁り、何度もファンレターを送り、編集部の厚意で綾辻本人と手紙やメールを交わす間柄となったほどである。ペンネームの「辻」も綾辻から取られた。 デビュー作『冷たい校舎の時は止まる』は、高校生の頃から書き始め、その後大学4年間で書き上げた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第31回 メフィスト賞 / 第32回 吉川英治文学新人賞 / 第147回 直木賞

辻村 深月の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

かがみの孤城



ポプラ社

ツナグ (新潮文庫)



新潮社 2012-08-27
ツナグ (新潮文庫) [文庫]

ツナグ



新潮社 2012-07-01
もしOKしてくれたら、絶望的な孤独から私を救ってくれた「あの人」に、ただ一言、お礼が言いたいんです――。たった一人と一度だけ、死者と生者を再会させてくれる人がいるらしい……。大切な人を失った後悔を抱え

ツナグ



新潮社

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)



講談社 2012-12-03
人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだ――あの事件から10年。アパート「スロウハイツ」ではオーナーである脚本家の赤羽環とコーキ、そして友人たちが共同生活を送っていた。夢を語り、物語を作る。好きなこと

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)



講談社 2012-12-03
莉々亜が新たな居住者として加わり、コーキに急接近を始める。少しずつ変わっていく「スロウハイツ」の人間関係。そんな中、あの事件の直後に128通もの手紙で、潰れそうだったコーキを救った1人の少女に注目が集

辻村 深月の著書を検索する

辻村 深月の関連ニュース


辻村 深月のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、辻村 深月と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「辻村 深月」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.