津村 節子

(ツムラ・セツコ)
津村 節子(つむら せつこ、1928年(昭和3年)6月5日 - )は、日本の小説家。本名は吉村 節子(旧姓北原)。 福井市生まれ。1965年「玩具」で芥川賞、1990年『流星雨』で女流文学賞、1998年『智恵子飛ぶ』で芸術選奨文部大臣賞、2003年「長年にわたる作家としての業績」で恩賜賞・日本芸術院賞受賞。同年日本芸術院会員となる。2011年「異郷」で川端康成文学賞受賞。ふるさと五部作に『炎の舞い』、『遅咲きの梅』、『白百合の崖』、『花がたみ』、『絹扇』がある。夫は小説家の吉村昭。 略年譜 1928年6月5日 - 福井市佐佳枝中町(現在の順化1丁目)に生まれた。父北原芳司(長野県出身)、母とよ(埼玉県出身)の次女。姉妹は6歳上の姉淑子、3歳下の妹和枝の三姉妹。父は松文産業福井出張所所長で絹織物「丸マ」商店も経営。 1935年4月 - 福井市栄冠幼稚園から順化尋常小学校に入学。 1939年4月 - 東京へ転居。病弱な津村の健康の事や姉妹たちの進路の事を考慮しての父の決断であった。父芳司のみ福井県大野郡勝山町に単身で残った。 1941年4月 - 高田第五尋常小学校を経て、東京府立第五高等女学校に入学。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第53回 芥川賞

津村 節子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

時の名残り



新潮社

紅梅



文藝春秋 2013-08-30
「『文學界』にこの作品が掲載されるときは、心配で夜も眠れなかった」(著者談)――本作は雑誌発売と同時に大きな反響を呼び、津村さんの不安を吹き飛ばす賞賛の声が相次いだ。2005年2月に舌癌と診断された、

紅梅 (文春文庫)



文藝春秋 2013-07-10

遍路みち (講談社文庫)



講談社 2013-02-22
夫・吉村昭氏の死後、氏に関連する来客や電話の応対に明け暮れた日々。三年が過ぎ、再び筆を執った著者が身辺のことを綴った小説集。長年過ごした自宅を建て替え、独り誰も知る人のいない温泉地に滞在する。けれど何

遍路みち (講談社文庫)



講談社 2013-01-16

遍路みち



講談社

果てなき便り



岩波書店

玩具 (集英社文庫)



集英社

茜色の戦記



新潮社


津村 節子の著書を検索する

津村 節子の関連ニュース


津村 節子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、津村 節子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「津村 節子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.