鶴見 俊輔

(ツルミ・シュンスケ)
鶴見 俊輔(つるみ しゅんすけ、1922年〈大正11年〉6月25日 - 2015年〈平成27年〉7月20日)は、日本の哲学者、評論家、政治運動家、大衆文化研究者。 鶴見祐輔の長男として東京市麻布区(現・港区麻布)に生まれる。外祖父は後藤新平。俊輔という名は父親の命名で、伊藤博文の幼名による。厳格な母親に反撥し、東京高等師範学校附属小学校3年生のとき近所の中学生と組んで万引集団を結成。本屋から万引した本を別の本屋へ売りに行く、駅の売店から小物を盗むといった悪事を繰り返す。このためクラスでは除け者にされていたが、このときただ一人鶴見を庇っていた同級生が永井道雄だった。しかし鶴見の側では永井をいじめる態度に出て、大塚駅の前でこうもり傘の柄で永井の足を引っ掛けて水溜りの中に倒し、その後で再びクラスから村八分にされることを恐れて翌日は早くから登校し、クラスの世論を鶴見側に有利に傾けるため事実の捏造をした。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

鶴見 俊輔の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

フランクリン自伝(新装版)


小田 実 その他 /鶴見 俊輔 翻訳 /
土曜社 2015-07-31

フランクリン自伝


鶴見俊輔 翻訳 /
土曜社 2015-07-24
植字工として世に出たフランクリンは、持ち前の植字・印刷術と文筆の力量をもとに印刷業から新聞、出版へと事業を広げ、さらに社会改良へと乗り出していく。人任せを嫌い、実務をいとわぬ「善きアメリカ人」の母型を

戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫)


鶴見 俊輔 解説 /
講談社

戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫)



講談社 2016-08-26
昭和20年3月29日、世界最大の不沈戦艦と誇った「大和」は、必敗の作戦へと呉軍港を出港した。吉田満は前年東大法科を繰り上げ卒業、海軍少尉、副電測士として「大和」に乗り組んでいた。「徳之島ノ北西洋上、「

現代日本の思想―その五つの渦 (岩波新書 青版 257)



岩波書店
表紙カバーに小キズ、上部にヨレあります。中ページ、使用感少なく状態は良好です。★ご注文確定後、迅速に発送いたします。

思い出袋 (岩波新書)



岩波書店

新しい人よ眼ざめよ (講談社文庫)


鶴見 俊輔 解説 /
講談社


鶴見 俊輔の著書を検索する

鶴見 俊輔の関連ニュース


鶴見 俊輔のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、鶴見 俊輔と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「鶴見 俊輔」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.