津島 佑子

(ツシマ・ユウコ)
津島 佑子(つしま ゆうこ、1947年3月30日 - 2016年2月18日)は、東京都北多摩郡三鷹町(現・東京都三鷹市)生まれの日本の小説家。本名は津島里子(つしま さとこ)。作品は英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・オランダ語・アラビア語・中国語などに翻訳されており、国際的に評価が高い。父は小説家の太宰治。 来歴・人物 小説家太宰治と津島美知子の次女。1歳のとき父を失い、母子家庭に、さらに12歳のとき3歳上の実兄が病没し母・姉と"女系家族"に育つ。 白百合学園中学校・同高等学校を経て、1966年、白百合女子大学文学部英文科在学中、ガリ版同人誌『よせあつめ』を創刊。処女作『手の死』『夜の……』を発表。同年「文芸首都」会員となる。1967年、成人式を迎えるに際して山梨県の富士五湖を訪れ、父の文学碑を見る。同大学卒業後、1969年4月、明治大学大学院(英文学専攻)に入学するも、ほとんど講義に出席せず。1970年11月、結婚により財団法人放送番組センターを退社。1971年、第一作品集『謝肉祭』を刊行。この時期は母子家庭のテーマを繰り返し描く。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第1回 野間文芸新人賞 / 第51回 野間文芸賞 / 第38回 読売文学賞小説賞 / 第34回 谷崎潤一郎賞 / 第5回 泉鏡花文学賞

津島 佑子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

津島 佑子の著書を検索する

津島 佑子の関連ニュース


津島 佑子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、津島 佑子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「津島 佑子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.