筒井 康隆

(ツツイ・ヤスタカ)
筒井 康隆(つつい やすたか、1934年(昭和9年)9月24日 - )は、日本の小説家・劇作家・俳優である。ホリプロ所属。身長166cm。小松左京、星新一と並んで「SF御三家」とも称される。パロディやスラップスティックな笑いを得意とし、初期にはナンセンスなSF作品を多数発表。1970年代よりメタフィクションの手法を用いた前衛的な作品が増え、エンターテインメントや純文学といった境界を越える実験作を多数発表している。 戦国時代の武将筒井順慶と同姓であり、その子孫であるとの設定で小説「筒井順慶」を書いている。先祖は筒井順慶家の足軽だったらしい、と筒井は述べている。父は草分け期の日本の動物生態学者で、大阪市立自然史博物館の初代館長筒井嘉隆。息子は画家筒井伸輔。 大学卒業まで 1934年(昭和9年)、父・筒井嘉隆と母・八重の長男として、父方の実家である大阪府大阪市北堀江に出生。生家は住吉区山坂町(現在の東住吉区山坂)。筒井は初期に自筆年譜を書き、船場生まれとしていたが、これは複数の勘違いが重なった事によるもので、その後修正されている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第51回 読売文学賞小説賞 / 第23回 谷崎潤一郎賞 / 第9回 泉鏡花文学賞

筒井 康隆の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

旅のラゴス



徳間書店

文藝春秋2017年3月号[雑誌]



文藝春秋 2017-02-10
月刊「文藝春秋」3月号 おもな記事 【芥川賞発表】 ◎「しんせかい」山下澄人 …倉本聰「富良野塾」での体験をもとに描く青春小説 ◎インタビュ

ビアンカ・オーバースタディ (角川文庫)


いとう のいぢ イラスト /
KADOKAWA/角川書店 2016-05-25

ビアンカ・オーバースタディ (角川文庫)


いとう のいぢ イラスト /
KADOKAWA / 角川書店 2016-05-25
ウニの生殖の研究をする超絶美少女・ビアンカ北町。彼女の放課後(オーバースタディ)は、ちょっと危険な生物学の実験研究にのめりこむ、生物研究部員。そんな彼女の前に突然、「未来人」が現れて--!

ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)


いとう のいぢ イラスト /
講談社

モナドの領域



新潮社 2016-06-03
河川敷で発見された片腕はバラバラ事件の発端と思われた。美貌の警部、不穏なベーカリー、老教授の奇矯な振舞い、錯綜する捜査……。だが、事件はあらゆる予見を越え、やがてGODが人類と世界の秘密を語り始める―

時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)


貞本 義行 イラスト /
角川書店

時をかける少女 (角川文庫)


貞本 義行 イラスト /
KADOKAWA / 角川書店 2012-10-01
放課後の誰もいない理科実験室でガラスの割れる音がした。壊れた試験管の液体からただようあまい香り。この匂いをわたしは知っている──そう感じたとき、芳山和子は不意に意識を失い床に倒れてしまった。そして……

筒井 康隆の著書を検索する

筒井 康隆の関連ニュース


筒井 康隆のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、筒井 康隆と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「筒井 康隆」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.