堤 千代

(ツツミ・チヨ)
堤千代(つつみ ちよ、1917年9月20日 -1955年11月10日 )は日本の小説家である。
東京都生まれ。本名は福留文子(旧姓は堤)。
直木賞初の女性作家。また、22歳10ヶ月の受賞年齢は、現在でも同賞の最年少記録である。
1940年、「小指」で第11回直木賞受賞。
青い手袋
夕雀草(新潮社, 1941)
我が家の風  1943年大映により映画化
白粉帖  1947年大映により映画化
文鳥(東西社, 1947)
小鳥の接吻(華頂書房, 1948)
みんなきた道(光文社, 1950)
どこかで星が(ポプラ社, 1953)
カナリヤの歌う日(集英社, 1953)
恋人(東方社, 1953)
花うばら(東方社, 1953)
かえで鳥の歌(ポプラ社, 1954)
遠い夢の日(ポプラ社, 1954)
ひなぎく物語(東方社, 1954)
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第11回 直木賞

堤 千代の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

小指


Audible Studio 出版社 /加藤 美佐 ナレーション /
Audible Studio
とある理由で両腕を切断してしまう軍人の元へ慰問に訪れた芸者。「自分の両腕を切ってしまう前に一度でいい、生れて初めて、そして最後にこの手で女の人の手にさわって見たい」と言われ…。第11回直木賞受賞作品。

白粉帖 (1949年)



世界社

朱い花々 (1955年)



東方社

ひとすじの流れ (1956年)



和同出版社


堤 千代の著書を検索する

堤 千代の関連ニュース


堤 千代のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、堤 千代と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「堤 千代」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.