堤 未果

(ツツミ・ミカ)
堤 未果(つつみ みか、1971年 - )は、日本のジャーナリスト、著作家。父は放送ジャーナリストのばばこういち、母は詩人の堤江実、、夫は参議院議員の川田龍平。 東京都生まれ。学校法人和光学園を卒業後、アメリカ合衆国に留学、ニューヨーク州立大学国際関係論学科卒業、ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科修士課程修了。国際連合婦人開発基金、アムネスティ・インターナショナルニューヨーク支局員を経て、米国野村證券に勤務、2001年のアメリカ同時多発テロ事件の時は隣のビルの20階にあるオフィスに勤務していた。事件を目撃したことで、自らの目で米国という国を見ようと志し、ジャーナリストとなる。 2006年『報道が教えてくれない アメリカ弱者革命』を上梓、日本ジャーナリスト会議黒田清新人賞を受賞、以後、米国-東京間を行き来して執筆、講演活動を行う。2008年、薬害HIV訴訟の元原告で参議院議員の川田龍平と結婚、同年『ルポ 貧困大国アメリカ』(岩波新書)が50万部を超えるベストセラーになった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

堤 未果の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

堤 未果の著書を検索する

堤 未果の関連ニュース


堤 未果のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、堤 未果と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「堤 未果」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.