月村 了衛

(ツキムラ・リョウエ)
月村 了衛(つきむら りょうえ、1963年3月18日 - )は日本の小説家、元脚本家。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。 大学在学中、清水邦夫、高橋玄洋に脚本・演劇を学ぶ。大学卒業後、予備校講師として現国・古文・漢文の教鞭を執る。1988年、テレビアニメ『ミスター味っ子』で脚本家デビュー。2001年、テレビ東京で放映されたテレビアニメ『ノワール』の脚本で注目を集める。 2010年、早川書房から『機龍警察』で小説家デビュー。もともと小説家志望であったこともあり、この作品を書き始めたころに「脚本家は廃業」と後年記している。 文学賞受賞・候補歴 太字が受賞したもの 2012年 - 『機龍警察 自爆条項』で第33回日本SF大賞受賞。 2013年 - 『機龍警察 暗黒市場』で第34回吉川英治文学新人賞受賞。 2015年 - 『コルトM1851残月』で第17回大藪春彦賞受賞。 2015年 - 『土漠の花』で第12回本屋大賞5位。 2015年 - 『土漠の花』で第68回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第34回 吉川英治文学新人賞

月村 了衛の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

追想の探偵



双葉社

機龍警察〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)



早川書房 2017-05-15
テロや民族紛争の激化に伴い発達した近接戦闘兵器・機甲兵装。新型機〈龍機兵〉を導入した警視庁はその搭乗員として三人の傭兵と契約した。警察組織内で孤立しつつも彼らは機甲兵装による立て籠もり現場へ出動する。

土漠の花 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2016-08-05

土漠の花 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2016-08-05
ソマリアの国境付近で活動する陸上自衛隊第一空挺団の精鋭達。そこに命を狙われている女性が駆け込んだ時、自衛官達の命を賭けた戦闘が始まった。一人の女性を守ることは自分達の誇りを取り戻すことでもあった。極限

機龍警察 未亡旅団



早川書房 2014-04-01
チェチェン共和国から侵入してきた女性だけのテロリスト集団、『黒い未亡人』と特捜部との壮絶な闘いを描く至近未来警察小説。日本SF大賞&吉川英治文学新人賞受賞シリーズの最新第4弾    チェチェン紛争で家

ガンルージュ (文春e-book)



文藝春秋 2016-02-19
元公安の母親&女性教師VS韓国特務工作員!韓国特務工作員に愛息を拉致された元公安でシングルマザーの律子。息子を奪還すべくバディを組んだのは、訳ありの女性教師だった

ガンルージュ



文藝春秋

機龍警察 暗黒市場



早川書房 2012-12-11
警視庁との契約を解除されたユーリ・オズノフ元警部は、旧友のロシアン・マフィアと組んで武器密売に手を染めた。一方、市場に流出した新型機甲兵装が〈龍機兵〉(ドラグーン)の同型機ではないかとの疑念を抱く沖津

月村 了衛の著書を検索する

月村 了衛の関連ニュース


月村 了衛のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、月村 了衛と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「月村 了衛」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.