内田 魯庵

(ウチダ・ロアン)

内田 魯庵の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

新編 思い出す人々 (岩波文庫)

¥945
紅野 敏郎 編集 /
岩波書店

貘の舌 (ウェッジ文庫)

¥780

ウェッジ

紙魚繁昌記

¥7140

沖積舎

魯庵随筆 読書放浪 (東洋文庫)

¥2940
斎藤 昌三 編集 /柳田 泉 編集 /
平凡社

魯庵の明治 (講談社文芸文庫)

¥998
坪内 祐三 解説 /
講談社

内田魯庵 (明治の文学)

¥2520
鹿島 茂 編集 /坪内 祐三 編集 /
筑摩書房

文学者となる法

¥2548

図書新聞


内田 魯庵の著書を検索する

内田 魯庵の関連ニュース


内田 魯庵のウェブ検索結果

  • 内田魯庵 - Wikipedia
    内田 魯庵(うちだ ろあん、1868年 4月27日(慶応4年4月5日 ) - 1929年(昭和4年) 6月29日)は、明治期の評論家、翻訳家、小説家。本名貢(みつぎ)。別号不知庵(ふちあん)、三文字屋金平(さんもんじやきんぴら)など。(7月22日 21時25分)
  • 作家別作品リスト:内田 魯庵
    作家名: 内田 魯庵 作家名読み: うちだ ろあん ローマ字表記: Uchida, Roan 生年: 1868-04-27 没年: 1929-06-29 人物について: 江戸下谷車坂六軒町生まれ。様々な学校で学んだが結局どこも卒業せず、叔父の文部省編輯局翻訳係井上勤のもとで下訳 ...(8月8日 23時30分)
  • Amazon.co.jp: 内田魯庵山脈―「失われた日本人」発掘: 山口 昌男: 本
    商品の説明 内容(「BOOK」データベースより) 埋もれていた内田魯庵の小篇に、見失われた知の原郷が隠されていた―。内田魯庵(明治元~昭和4)。若くしてドストエフスキイの『罪と罰』を翻訳、丸善顧問として輸入洋書の大半に目を通し、『学鐙』を編集 ...(8月8日 20時34分)
  • 内田魯庵とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)
    経歴 旧幕臣の子として生まれる。はじめは政治・実業に関心を持ち、立教学校(現立教大学)や東京専門学校(現早稲田大学)などで英語を学ぶが結局どこも卒業せず、文部省編輯局翻訳係であった叔父・井上勤のもとで下訳や編集の仕事をする。(8月6日 12時38分)
  • 内田魯庵 - BIGLOBE百科事典
    経歴 旧幕臣の子として生まれる。はじめは政治・実業に関心を持ち、立教学校(現立教大学)や東京専門学校(現早稲田大学)などで英語を学ぶが結局どこも卒業せず、文部省編輯局翻訳係であった叔父・井上勤のもとで下訳や編集の仕事をする。(8月7日 23時15分)
  • 坪内祐三『父系図』内田魯庵・内田巌 2-1
    ネットで無料で読める本格読み物。『父系図(おとこけいず)』坪内祐三。近現代史の中で異色の父と息子を取上げ、その父子関係に切り込む。第二回:内田魯庵・内田巌。P2_1。廣済堂出版よみものWeb(8月4日 21時47分)
  • 内田魯庵
    1888(M21)頃から「女学雑誌」「国民之友」に評論を発表し批評家として認められた。 ロシア文学に早くから影響を受け、ドストエフスキー・トルストイを日本に紹介し、「罪と罰」「イワンの馬鹿」などの翻訳 ...(8月7日 20時09分)
  • 魯庵's Blog
    魯庵(ろあん)のブログです ... 魯庵's Blog 魯庵(ろあん)のブログです 初めまして、魯庵です。ろあんと読みます。 内田魯庵という作家から取りました。(8月7日 3時20分)
  • 内田魯庵山脈―「失われた日本人」発掘 - はてなキーワード
    内田魯庵山脈―「失われた日本人」発掘 の商品情報 ... 「内田魯庵山脈―「失われた日本人」発掘」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く(8月5日 10時15分)
  • 筑摩書房 明治の文学11 内田魯庵 / 内田 魯庵 著, 坪内 祐三 著
    筑摩書房のウェブサイト。新刊案内、書籍検索、各種の連載エッセイ、主催イベントや文学賞の案内。 ... 内田魯庵は明治のベンヤミンだ。好きなもの、街歩き、古本、オモチャ、万年筆、ステッキそれに ...(8月4日 10時53分)

内田魯庵の検索結果へ


作品一覧は自動的に取得しているため、内田 魯庵と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。