上田 三四二

(ウエダ・ヨミジ)
主な受賞歴
第39回 野間文芸賞

上田 三四二の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

戦後短歌史 (1974年)

¥1260

三一書房

祝婚

¥1366

新潮社

良寛の歌ごころ

¥1890

考古堂書店


上田 三四二の著書を検索する

上田 三四二の関連ニュース

  • 我不關焉
    はてなブックマークはオンラインでブックマークを管理・共有できる無料サービス。自宅、職場、外出先、どこからでも同じブックマークにアクセスできます。ユーザーはみんなでブックマークを共有して効率良く情報収集しています。はてなブックマーク ...(8月22日 0時35分 / Hatena::Bookmark

上田 三四二のウェブ検索結果

  • 歌人・上田三四二
    小野市樫山町に生まれ、医師・作家・文芸評論家として活躍した上田三四二。人間の「生と死」を大きなテーマとして、後世に残るすぐれた作品を多く世に送り出し、文芸界の発展に尽力しました。(8月19日 23時43分)
  • 上田三四二 - Wikipedia
    上田 三四二(うえだ みよじ、1923年(大正12年) 7月21日 - 1989年(平成元年) 1月8日)は、日本の歌人、小説家、文芸評論家 略歴 兵庫県 加東郡市場村字樫山(現・小野市樫山町)出身。柏原中学、第三高等学校、京都帝国大学医学部卒。(8月21日 9時52分)
  • 松岡正剛の千夜千冊『短歌一生』上田三四二
    「吹かれて歩き、歌をついばんで、帰る」と上田三四二は綴って「余命」という随筆を結んだ。三四二はこういう言い方が似合う歌人である。 三四二は短歌を「日本語の底荷」だと言った。短歌だけではなく俳句も底荷であると言う。(8月19日 21時39分)
  • 上田三四二
    柏原八幡神社の下に「蝉声のしげき人なき社塔には 受験少年の わがまぼろしあゆむ」 「拝殿の石に蜥蜴のはしるさへ 昔日に似てうつなきかも」の二首が 刻まれた歌碑が あります この歌の作者 上田三四ニは 大正12年7月21日 小野市樫山町 ...(8月15日 17時55分)
  • 上田三四二
    上田三四二(1923-1989・大正12年-平成元年) 平成元年1月8日歿 65歳 埼玉県所沢市・所沢聖地霊園 線香の煙があたりに流れた。水に洗われた墓石は表情を取り戻すかのようだった。水は並んで彫られた二つの戒名の窪みにも流れた。(8月23日 1時44分)
  • 上田 三四二
    上田 三四二の著書から人気の作品を紹介しています。 ... 茂吉晩年 ¥2415 彌生書房 「斉藤茂吉」上梓ののち瀕死の大患より命をつなぎ得た著者が、茂吉の晩年に思いを寄せ、最終歌集「つきかげ」を処女歌集「赤光」への帰還と捉える視点のもとに ...(8月22日 4時11分)
  • 歌人上田三四二の学生時代
    E-16.(07.01.01) 謹賀新年 平成19年元旦 ちる花はかずかぎりなし ことごとく光をひきて谷にゆくかも この歌は、歌人で医者の上田三四二の昭和44年吉野山での作品である。(8月17日 9時54分)
  • 上田三四二記念小野市短歌フォーラム
    略歴紹介、応募規定、発表会の記録。兵庫県小野市教育委員会。 ... 短歌ポスト設置のお知らせ --- 2010年05月10日 短歌ポストを市内8箇所に設置しました。 上田三四二記念「小野市短歌フォーラム」 小野市では毎年6月に、全国から短歌を募集し、「上田三四二記念 小野市短歌フォーラム」を開催しています。(8月21日 2時48分)
  • 上田三四二 とは - コトバンク
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus 上田三四二の用語解説 - 1923-1989昭和時代後期の歌人,評論家。 大正12年7月21日生まれ。内科医として病院に勤務のかたわら,短歌,文芸評論,小説などを発表。癌(がん)とのながい闘いのなかで命をみつめ,澄んだ境地の ...(8月23日 12時25分)
  • 上田三四二とは - はてなキーワード
    上田三四二とは - 歌人。1923年生まれ。1989年、死去。 1944年、京都帝国大学医学部医学科入学。1948年、京都大学卒業、京大附属病院でインターン。 1949年、歌誌『新月』... ... [求人] 株式会社パピレス への正社員転職 募集内容:電子書籍 ...(8月23日 20時20分)

上田三四二の検索結果へ


作品一覧は自動的に取得しているため、上田 三四二と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。