宇野 亜喜良

(ウノ・アキラ)
宇野 亜喜良(うの あきら、1934年3月13日 - )は日本の挿絵画家・グラフィックデザイナー。ペンなどによって描写された人物などが特徴とされる。寺山修司の舞台、宣伝美術を手がけるなどした。 イラストレーター以外にもキュレーターや舞台美術、芸術監督等も務めている。 現在「月刊てりとりぃ」において連載コラム「話の横道」を連載中。また「週刊てりとりぃ」では、村井邦彦、山上路夫、日向大介とのコラボレイションで「歌はいかがですか」という企画を連載。これは毎月書き下ろしの短い尺の歌を発表するもので、宇野は挿絵を担当している。 来歴・人物 愛知県名古屋市に生まれる。1952年名古屋市立工芸高等学校図案科卒。 父親が室内装飾業を営んでおり、その影響で幼いころから絵を描き始め、画家の宮脇晴に師事。高校卒業後、カルピス食品工業に入社、同社の広告・宣伝に携わる。その後亀倉雄策らが設立に参加した日本デザインセンターに入社する。 1965年同社を退社し、同世代を代表するイラストレーター、グラフィックデザイナーの横尾忠則、和田誠、山口はるみ、灘本唯人などと共に東京イラストレーターズ・クラブを設立する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第32回 日本児童文学者協会賞

宇野 亜喜良の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

詩とファンタジー No.35


詩とファンタジー編集部 編集 /宇野亜喜良 イラスト /
かまくら春秋社 2017-04-07

怪談えほん(全5)


東 雅夫 監修 /町田 尚子 イラスト /軽部 武宏 イラスト /宇野 亜喜良 イラスト /吉田 尚令 イラスト /大畑 いくの イラスト /
岩崎書店

サロメ


エクリ 編集 /宇野 亜喜良 イラスト /
エクリ

青い鳥


江國 香織 翻訳 /
講談社

スピリチュアルタロット


宇野 亜喜良 イラスト /
自由国民社

たくさんのお月さま


宇野 亜喜良 イラスト /James Thurber 原著 /今江 祥智 翻訳 /
ブックローン出版

定本 薔薇の記憶 (立東舎文庫)



リットーミュージック

ぼくはへいたろう―「稲生物怪録」より


宇野 亜喜良 イラスト /
ビリケン出版


宇野 亜喜良の著書を検索する

宇野 亜喜良の関連ニュース


宇野 亜喜良のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、宇野 亜喜良と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「宇野 亜喜良」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.