宇野 千代

(ウノ・チヨ)
宇野 千代(うの ちよ、1897年(明治30年)11月28日 - 1996年(平成8年)6月10日)は、大正・昭和・平成にかけて活躍した日本の小説家、随筆家。多才で知られ、編集者、着物デザイナー、実業家の顔も持った。作家の尾崎士郎、画家の東郷青児、北原武夫など、多くの著名人との恋愛・結婚遍歴を持ち、その波乱に富んだ生涯はさまざまな作品の中で描かれている。 山口県玖珂郡(現・岩国市)出身。実家は酒造業を営む裕福な家だが、父親は生涯生業に就いたことはなく、博打好きだった。千代が幼いころに母親がなくなり、父親は千代と12歳しか違わない若い娘と再婚。千代は実母と思って育ち、大変慕っていた。この継母が「おはん」のモデルとされる。岩国高等女学校(現・山口県立岩国高等学校)卒。14歳で義母の姉の子(従兄)藤村亮一と結婚するが10日ほどで実家へ帰る。小学校の代用教員となるが退職。その後朝鮮京城へ行くがとんぼ返りで舞い戻り、元夫の弟・藤村忠と結婚。京都に住んだあと上京。本郷三丁目の西洋料理店・燕楽軒で給仕のアルバイトを18日間している間に久米正雄や芥川龍之介と知り合い、今東光とは親交を結んだ。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

宇野 千代の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

天風先生座談



二見書房

[オーディオブックCD] 天風先生座談 () ()



でじじ発行/パンローリング発売

天風先生座談



中央公論社

行動することが生きることである 生き方についての343の知恵 (集英社文庫)



集英社 2013-10-31
人生は凡てのことに、のぼせなければならない、と思っているのである。……何事かをするのに、あとさき考えてからすると、どうも勢いがなくなる。のぼせていると、何事をするのにも、することに勢いがつく。そこで初

生きて行く私 (角川文庫)



角川書店(角川グループパブリッシング)


宇野 千代の著書を検索する

宇野 千代の関連ニュース


宇野 千代のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、宇野 千代と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「宇野 千代」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.