浦賀 和宏

(ウラガ・カズヒロ)
浦賀 和宏(うらが かずひろ、1978年12月8日 - )は小説家、推理作家。神奈川県出身。 1998年に『記憶の果て』で第5回メフィスト賞を受賞しデビューする。青春小説、SF、ミステリの要素が混交された独特のプロットは、京極夏彦に「多くのジャンルの新たな可能性を悉く内包して」いる「先行作品に対する敬意ある挑発」と評されたが、同時刊行の『Jの神話』(乾くるみ)、『歪んだ創世記』(積木鏡介)と共に、メフィスト賞をミステリ一辺倒の賞ではないということを(良くも悪くも)印象づけることになった。 「笑わない名探偵」安藤直樹を主役に据えた同シリーズはその後もジャンルと距離を測るような進行を見せたが、『透明人間 UBIQUITY』で一時中断され、以降は松浦純菜・八木剛士シリーズの執筆を開始、ここでも先行作品や現実世界の趨勢を皮肉ったストーリーを展開する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第5回 メフィスト賞

浦賀 和宏の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ifの悲劇 (角川文庫)



KADOKAWA 2017-04-25

ifの悲劇 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2017-04-25
北海道・網走に住む小説家の加納豪は、かわいい妹の彩を溺愛していたが、彩が商社に就職して夕張でひとり暮らしを始め、やがて同期の奥津と結婚することになり悲嘆に暮れる。しかし婚約者・奥津の浮気が発覚し、彩は

眠りの牢獄 (講談社文庫)



講談社 2013-02-15

眠りの牢獄 (講談社文庫)



講談社 2013-03-15
階段から落ちて昏睡状態になってしまった女性をめぐり集められた3人の青年。3人は核シェルターに閉じ込められ、そこから出る条件は彼女を突き落としたのは誰なのか告白することだった。同時に外では完全犯罪の計画

緋い猫 (祥伝社文庫)



祥伝社 2016-10-13

彼女は存在しない (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2012-11-30
平凡だが幸せな生活を謳歌していた香奈子の日常は、恋人・貴治がある日突然、何者かに殺されたのを契機に狂い始める……。同じ頃妹の度重なる異常行動を目撃し、多重人格の疑いを強めていた根本。次々と発生する凄惨

彼女は存在しない



幻冬舎

メタモルフォーゼの女2 生まれなかった子供たち (幻冬舎plus+)



幻冬舎 2017-04-14
俺は平凡かもしれないが、恵まれた日々を過ごしていた。有名な大手食品会社に勤め、元ネイリストの妻には欲しかった子どもを妊娠中。そしてバーで知り合った神秘的な愛人もいる。だがその幸せも妻が流産するまでだっ

浦賀 和宏の著書を検索する

浦賀 和宏の関連ニュース


浦賀 和宏のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、浦賀 和宏と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「浦賀 和宏」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.