臼井 吉見

(ウスイ・ヨシミ)
臼井 吉見(うすい よしみ、1905年6月17日 – 1987年7月12日)は、日本の編集者、評論家、小説家、日本藝術院会員。息子は映像作家の臼井高瀬。 来歴・人物 長野県南安曇郡三田村(現・安曇野市)に、父貞吉・母きちの次男として生まれる。旧制松本中学(現長野県松本深志高等学校)、旧制松本高校文科甲類を経て、1929年東京帝国大学文学部卒業。松本中学では後に筑摩書房の創業者となる古田晁、俳優・演劇評論家の松本克平が同級であった。 旧制伊那中学(現長野県伊那北高等学校)、松本女子師範学校などで教員を務めた後、上京して東京女子大学でも教え、さらに、1946年創刊の総合雑誌『展望』(筑摩書房)の編集長を務め、文芸評論家としても活躍した。『日本文学全集』『現代教養全集』などを編集した。1956年『近代文学論争』で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。1964年から代表作となる大河小説「安曇野」の執筆を始め、1974年に完結し、谷崎潤一郎賞を受賞した。75年日本藝術院会員。 1977年、『展望』5月号に掲載した『事故のてんまつ』(まもなく単行本化)は、川端康成の孤独な生い立ちから自殺までの背景を描いた作品で、川端家が抗議し、販売差止め仮処分の民事訴訟が提起された。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第10回 谷崎潤一郎賞

臼井 吉見の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

安保・1960 (1969年)


臼井 吉見 編集 /
筑摩書房

安曇野 (第1部)



筑摩書房

古典日本文学全集〈第11〉枕草子・方丈記・徒然草 (1962年)


塩田 良平 翻訳 /唐木 順三 翻訳 /臼井 吉見 翻訳 /
筑摩書房

大正文学史 (筑摩叢書)



筑摩書房 2013-08-02
好景気から社会不安へ、あわただしく過ぎた大正という時代には、完成期にある明治の作家、早熟な花を開いた大正の作家、さらに昭和へと芽を出していく作家らが多様な活動を展開していた。当時の社会思潮の推移を克明

人生の本〈第4〉死との対話 (1967年)


臼井 吉見 編集 /
文藝春秋
人生の本〈第4〉死との対話 (1967年) [Jan 01, 1967] 亀井 勝一郎; 臼井 吉見

臼井 吉見の著書を検索する

臼井 吉見の関連ニュース


臼井 吉見のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、臼井 吉見と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「臼井 吉見」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.