薄井 ゆうじ

(ウスイ・ユウジ)
薄井 ゆうじ(うすい ゆうじ、本名:薄井 雄二(ネット名:くじら鳥)、1949年1月1日 - )は、茨城県出身の小説家。 茨城県立土浦第一高等学校卒業後、日雇い生活などを経て、その後、イラストレーター「たの・かえる」として『週刊プレイボーイ』誌に5年、『夕刊フジ』紙に16年間イラストを掲載。イラストルポやグラフ誌写真取材等を手掛け、広告及び編集プロダクション「株式会社イーハトーブ」を経営。 池袋コミュニティ・カレッジの都筑道夫の創作講座を受講し、1988年「残像少年」で第51回小説現代新人賞受賞。1991年に初の長編『天使猫のいる部屋』を発表。1994年、『樹の上の草魚』 で第15回吉川英治文学新人賞受賞。 現在は専業作家として文芸各誌に小説を多数連載。 筒井康隆、小林恭二、堀晃、佐藤亜紀との5名で、「JALInet」(JAPAN LITERATURE net)を、発起人として立ち上げている。 著作 『くじらの降る森』徳間書店 1991 のち講談社文庫 『天使猫のいる部屋』徳間書店 1991 のちハルキ文庫 『樹の上の草魚』講談社 1993 のち文庫 『星の感触』講談社 1994 のち文庫 『青の時間』文芸春秋 1995 のちハルキ文庫 『透明な方舟』講談社 1995 のち光文社文庫 『北陸幻夢譚 異界の恋人たち』講談社 1995 『雨の扉』光文社 1996 のち光文社文庫 『午後の足音が僕にしたこと』マガジンハウス 1996 『台風娘』講談社 1996 のち光文社文庫 『枕時計の女』実業之日本社 1996 『満月物語』ベネッセコーポレーション 1996 のちハルキ文庫 『竜宮の乙姫の元結いの切りはずし』1996 講談社文庫 『神々のパラドックス』講談社 1997 『ゆきをんな』集英社 1997 『狩人たち』双葉社 1998 のち文庫 『寒がりな虹』角川書店 1998 『ドードー鳥の飼育』集英社 1998 『社長物語』講談社 1999 『十四歳漂流』集英社 1999 『創生紀コケコ』マガジンハウス 1999 『哀しき玩具』実業之日本社 2000 『社長ゲーム』講談社 2000 『ストックホルムの鬼』マガジンハウス 2000 『湖底』双葉社 2001 『12の星の物語』アクセス・パブリッシング 2002 『夕海子』アートン 2002 『イエティの伝言』小学館 2003 のち文庫 『午後の足音が僕にしたこと 傑作小説』2003 光文社文庫 『十二支の童話』アクセス・パブリッシング 2003 『水の年輪』岩波書店 2004 『彼方へ 文庫オリジナル/傑作小説集』2005 光文社文庫 『Yebi大王 B.C.3176~B.C.3133』アートン 2006 『爺爺ライダー』アートン 2006 『享保のロンリー・エレファント』岩波書店 2008 翻訳 スティーヴン・ヤング『本の虫 その生態と病理-絶滅から守るために』アートン 2002 ポン・ジュノ,シム・ソンボ シナリオ原作『殺人の追憶』超訳 アートン 2004 外部リンク ~薄井ゆうじの森~。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第15回 吉川英治文学新人賞

薄井 ゆうじの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

くじらの降る森 (講談社文庫)



講談社 2012-10-18
「初めてお手紙さしあげます。個人的なことで、お話したいことがございます」。始まりは、亡父に宛てた差出人不明の手紙だった。「毎週土曜日の午後6時ごろ、レストランでお待ちしております」彼女の目印は、テーブ

くじらの降る森



徳間書店

くじらの降る森 (講談社文庫)


小林 恭二 解説 /
講談社

殺人の追憶


薄井 ゆうじ 翻訳 /
アートン

透明な方舟 (光文社文庫)



光文社 2001-09-20
二十六年前、飛騨白川郷。十二歳の私が住む合掌造りの家は、赤い炎に包まれ崩れ落ちた。焼け跡からは、父母の遺体が。火事は私の心までも焼き焦がした。……今、私の眼前に、その家が当時のままに現れた。技術が作り

透明な方舟



講談社

青の時間 (ハルキ文庫)



角川春樹事務所


薄井 ゆうじの著書を検索する

薄井 ゆうじの関連ニュース


薄井 ゆうじのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、薄井 ゆうじと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「薄井 ゆうじ」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.