歌野 晶午

(ウタノ・ショウゴ)
歌野 晶午(うたの しょうご、1961年9月26日 - )は、日本の小説家、推理作家。本名は歌野 博史(うたの ひろし)。主に本格推理小説を発表している。いわゆる「新本格第一世代」の1人。福岡県福岡市出身。福岡県立城南高等学校卒業。東京農工大学農学部環境保護学科卒業。 高校時代は漫画研究部に所属。大学卒業後、編集プロダクションで働く傍ら、小説を執筆する。島田荘司のエッセイを参考に島田宅を訪れ、それをきっかけに島田の推薦により1988年に『長い家の殺人』でデビュー。ペンネームの「晶午」は島田が考案した。以後、『白い家の殺人』『動く家の殺人』の家シリーズなどの名探偵・信濃譲二の活躍を描くシリーズと、『ガラス張りの誘拐』『死体を買う男』などのノンシリーズものの執筆を行う。 1992年の『さらわれたい女』以後、一時作品の発表がとだえるが、1995年『ROMMY』で復活。以後、1年に1〜2冊のペースで新作を発表し続ける。2003年に発表した『葉桜の季節に君を想うということ』は、2004年のこのミステリーがすごい!、本格ミステリ・ベスト10の各1位に選ばれ、第57回日本推理作家協会賞と、第4回本格ミステリ大賞を受賞し、高い評価を得た。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

歌野 晶午の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

葉桜の季節に君を想うということ 本格ミステリ・マスターズ



文藝春秋 2012-09-20
こと女に関してはからっきし意気地のない後輩・キヨシに拝み倒されて、南麻布の愛子嬢の屋敷を訪ねたのが事件の発端だった──。なんでもやってやろう屋・成瀬将虎は悪質な霊感商法事件に巻き込まれ、一方では運命の

葉桜の季節に君を想うということ (本格ミステリ・マスターズ)



文藝春秋
ひょんなことから霊感商法事件に巻き込まれた「何でもやってやろう屋」探偵・成瀬将虎。恋愛あり、活劇ありの物語の行方は? そして炸裂する本格魂! 歌野晶午スペシャル・インタビューなども収録。

死体を買う男 (講談社文庫)



講談社 2014-04-11
乱歩の未発表作品が発見された!? 「白骨記」というタイトルで雑誌に掲載されるや大反響を呼ぶ――南紀・白浜で女装の学生が首吊り自殺を遂げる。男は、毎夜月を見て泣いていたという。乱歩と詩人萩原朔太郎が事件

歌野 晶午の著書を検索する

歌野 晶午の関連ニュース


歌野 晶午のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、歌野 晶午と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「歌野 晶午」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.