和田 竜

(ワダ・リョウ)
和田 竜(わだ りょう、1969年12月 - )は、日本の脚本家、小説家。大阪府生まれ、広島県広島市育ち。 オリジナル脚本『忍ぶの城』で第29回城戸賞を受賞し、同作の小説化作品『のぼうの城』が第139回直木賞候補。時代劇・時代小説を専門とする。 人物・来歴 大阪で生まれ、生後3ヶ月から広島県広島市安佐南区川内で育つ。広島市立川内小学校を経て広島市立城南中学校2年の時に東京に引越す。綾瀬はるかは小中学の後輩。東京都立富士高等学校、早稲田大学政治経済学部を卒業後、番組制作会社泉放送制作に就職。『愛していると言ってくれ』、『理想の結婚』など様々なドラマのADを経験したが、現場のスピード感に馴染めず3年で退職。繊維・ファッション業界専門の新聞社に転職。 「竜」という名前は、坂本竜馬が好きだった母が付けた。歴史に興味を持ったのは大学時代、「自分の名前の元ネタの人の小説でも読むか」と司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を手にしたのが切っ掛け。  当初は脚本家を志し、2003年(平成15年)12月、業界紙記者のかたわら執筆したオリジナル脚本『忍ぶの城』で第29回城戸賞を受賞する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第11回 本屋大賞 / 第35回 吉川英治文学新人賞

和田 竜の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

週刊ビッグコミックスピリッツ 2017年21・22合併号(2017年4月24日発売) [雑誌]



小学館 2017-04-24
●『あさひなぐ』映画と舞台の旭役「西野七瀬&齋藤飛鳥」from乃木坂46●巻頭カラー『あさひなぐ』こざき亜衣●巻中カラー『猫のお寺の知恩さん』オジロマコト&『スローモーションをもう一度』加納梨衣●『ジ

のぼうの城 上



小学館 2012-09-25
2012年11月2日(金)公開の映画化原作!2009年本屋大賞2位、 第139回(2008年上半期)直木賞ノミネートの戦国エンターテインメント大作! 戦国末期、天下統一を目前に

のぼうの城 上 (小学館文庫)



小学館 2010-10-06

のぼうの城 下



小学館 2012-09-25
2012年11月2日(金)公開の映画化原作!2009年本屋大賞2位、 第139回(2008年上半期)直木賞ノミネートの戦国エンターテインメント大作! 「戦いまする」

のぼうの城 下 (小学館文庫)



小学館 2010-10-06

忍びの国(新潮文庫)



新潮社 2014-09-05
時は戦国。忍びの無門は伊賀一の腕を誇るも無類の怠け者。女房のお国に稼ぎのなさを咎められ、百文の褒美目当てに他家の伊賀者を殺める。このとき、伊賀攻略を狙う織田信雄軍と百地三太夫率いる伊賀忍び軍団との、壮

忍びの国



新潮社

村上海賊の娘(一)(新潮文庫)



新潮社 2016-12-16
時は戦国。乱世にその名を轟かせた海賊衆がいた。村上海賊――。瀬戸内海の島々に根を張り、強勢を誇る当主の村上武吉。彼の剛勇と荒々しさを引き継いだのは、娘の景(きょう)だった。海賊働きに明け暮れ、地元では

和田 竜の著書を検索する

和田 竜の関連ニュース


和田 竜のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、和田 竜と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「和田 竜」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.