和達 清夫

(ワダチ・キヨオ)
和達 清夫(わだち きよお、1902年(明治35年)9月8日 - 1995年(平成7年)1月5日)は、愛知県生まれの地球物理学者、歌人。専門は気象学、地震学。地震のエネルギーを現すマグニチュードは、和達の研究がヒントになって作られたものである。また深発地震を発見したことでも知られ、和達-ベニオフ帯に和達の名が今も残っている。子に物理学者・和達三樹がいる。 天王寺中学、東京開成中学、一高を経て、1922年4月 東京帝国大学理学部物理学科卒業。 1932年、東京大学から理学博士。論文は『Shallow and deep earthquakes』(震源の深さによる地震の研究)。 第6代中央気象台台長を経て、初代気象庁長官に就任。1960年、第5期日本学術会議議長に就任。 第17代日本学士院院長や埼玉大学学長、日本環境協会会長などを歴任した。 1985年に文化勲章受章。 著書 単著 『大地雲の話』(社会教育協会 1927年) 『岩波講座 物理及ビ科学 宇宙物理学・地震観測法』(岩波書店 1929年) 『地震』(鉄塔書院 鉄塔科学選書 1933年、1993年に中公文庫で復刊) 『地球と人』(岩波書店 岩波叢書 1941年) 『あく迄希望あれ 西須諸次肺病文叢第一集』(西須諸次のペンネームで執筆 自然療法社 1941年 西須諸次は「さいすもろじ」と読み、自身の専門である地震学の英語seismologyから) 『お天気博士 藤原咲平・藤原咲平の生涯』(日本放送出版協会 NHKブックス 1982年) 『地震の顔』 『海洋大事典』 共著 『気象の事典』(東京堂出版 1954年) 『気象辞典』(天然社 1954年) 『気象学講座』(地人書館 1955年) 『雪・風・地震の話』(日本放送出版協会 NHKブックス 1974年) 監修書 『新訂 高校地学』(教育出版 1966年4月11日 文部省検定済 1969年4月10日改定検定済) 『ちきゅうとうちゅう』(よいこの学習百科 1979年) 主要論文 1925, 震源の深さに就いて 驗震時報第1巻 pp.107-110 (PDF) 1926, 遠地地震波に就いて 驗震時報第2巻 pp.30-41 (PDF) 1926, 脈動に就いて 東京帝国大学地震研究所彙報. 第1冊, 1926.10.15, pp.55-58, ISSN:00408972 1926, 脈動の研究(その二) 気象集誌. 第2輯 Vol.4 (1926) No.4 P83-86 1928, 深海地震の特異性及び三種類の地震に就いて, 気象集誌, 第2輯, 6, 1-43 1932, 地震P波及びS波の速度の比と其の應用に就いて 気象集誌. 第2輯 Vol.10 (1932) No.9 P540-551 1934, 地球内核中の震波速度 気象集誌. 第2輯 Vol.12 (1934) No.9 P496-49 十勝沖地震と津浪警報 科学朝日 科学朝日 12(5), 27-30, 1952-05 1963, 防災科学技術について, 水利科学 7(4), 1963-10 日本学士院百年の歩み 日本學士院紀要 Vol.36 (1979-1980) No.suppl P1-7 共著・分担執筆 和達清夫、益田クニモ:地震波の走時に就いて(第三報) 気象集誌. 第2輯 Vol.11 (1933) No.10 P444-454 1953, 和達清夫、諏訪彰:『1952年明神礁噴火の空中観察』 験震時報 17(4), 71-77, 1953-07 湯村哲男、広野卓蔵、和達清夫:日本付近における地震帯の構造について 地震 第2輯 Vol.23 (1970) No.2 P99-121 和達清夫、高橋末雄:日本附近の地殻および上部マントルの構造について (その1) 地震 第2輯 Vol.27 (1974) No.1 P42-56 関連項目 ==。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

和達 清夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

お天気博士 藤原咲平 (NHKブックス (426))


和達 清夫 編集 /
日本放送出版協会

地震 (中公文庫)



中央公論社

沈まぬ都会 (1949年)



朝日新聞社

気象の事典 (1954年)


和達 清夫 監修 /
東京堂

気象の事典 (1955年)


和達 清夫 監修 /
東京堂


和達 清夫の著書を検索する

和達 清夫の関連ニュース


和達 清夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、和達 清夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「和達 清夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.