若合 春侑

(ワカイ・スウ)
若合 春侑(わかい すう、1958年8月11日 - )は、日本の小説家。 経歴・人物 宮城県塩竈市生まれ。本名は山野辺優子(やまのべ ゆうこ)。仙台白百合学園高等学校を卒業する。東北学院大学経済学部経済学科を卒業する。広告代理店営業社員、新聞社アルバイト、添削指導員などを経る。 1998年、「腦病院へまゐります。」で第86回文學界新人賞を受賞する。同年、同作が第119回芥川龍之介賞の候補作に選ばれる。同年5月より、執筆活動に専念する。同年、「カタカナ三十九字の遺書」が第120回芥川龍之介賞の候補作に選ばれる。1999年、「掌の小石」が第121回芥川龍之介賞の候補作に選ばれる。同年、『腦病院へまゐります。』が第21回野間文芸新人賞の候補作に選ばれる。2002年、『海馬の助走』で第24回野間文芸新人賞を受賞する。2005年、國學院大學文学部神道学科を卒業する。2010年10月、若合 春有に改名する。 作品リスト 腦病院へまゐります。(1999年7月 文藝春秋 / 2003年7月 文春文庫) 世閒樣かくありき(2001年9月 集英社) 無花果日誌(2002年2月 角川書店 / 2005年7月 角川文庫) 海馬の助走(2002年9月 中央公論新社) 蜉蝣(2003年6月 角川書店) 単行本未収録作品 バハミアン通信 黄泉の小さな世界から Webマガジン〈ブンゲイ・ピュアフル〉で連載 脚注 出典 外部リンク 若合春侑事務所 - 公式サイト 「厭離穢土」は「飛翔」に非ず。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第24回 野間文芸新人賞 / 第86回 文學界新人賞

若合 春侑の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

世間様かくありき



集英社

無花果日誌 (文芸シリーズ)



角川書店
   生意気ざかりの17歳の本音を、瑞々しくつづった青春小説である。著者の若合春侑は、『脳病院へまゐります。』で昭和初期の男女の倒錯した愛を描き、小説家としてデビュー。実父を題材とした『海馬の助走』で

無花果日誌 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2013-07-17
桐子はカトリックの女子校に通う高校二年生。家の近所のお下劣な環境を脱すべく、県内一のお嬢様学校に入ったのだけれど、お上品ぶった同級生や先生、修道女との毎日は、すっきりしないことばかり。大好きな母さんの

無花果日誌 (角川文庫)



角川書店
   生意気ざかりの17歳の本音を、瑞々しくつづった青春小説である。著者の若合春侑は、『脳病院へまゐります。』で昭和初期の男女の倒錯した愛を描き、小説家としてデビュー。実父を題材とした『海馬の助走』で

蜉蝣



角川書店

海馬の助走



中央公論新社


若合 春侑の著書を検索する

若合 春侑の関連ニュース


若合 春侑のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、若合 春侑と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「若合 春侑」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.