若山 牧水

(ワカヤマ・ボクスイ)
若山 牧水(わかやま ぼくすい、1885年(明治18年)8月24日 - 1928年(昭和3年)9月17日)は、戦前日本の歌人。本名・繁(しげる)。 宮崎県東臼杵郡東郷村(現・日向市)の医師・若山立蔵の長男として生まれる。1899年(明治32年)宮崎県立延岡中学校に入学。短歌と俳句を始める。 18歳のとき、号を牧水とする。由来は「当時最も愛していたものの名二つをつなぎ合わせたものである。牧はまき、即ち母の名である。水はこの(生家の周りにある)渓や雨やから来たものであった」1904年(明治37年)早稲田大学文学科に入学。同級生の北原射水(後の白秋)、中林蘇水と親交を厚くし、「早稲田の三水」と呼ばれる。 1908年(明治41年)早稲田大学英文学科卒業。7月に処女歌集『海の声』出版。翌1909年(明治42年)中央新聞社に入社。5ヶ月後に退社。尾上柴舟の門に入った。 1911年(明治44年)創作社を興し、詩歌雑誌「創作」を主宰する。この年、歌人・太田水穂を頼って長野より上京していた後に妻となる太田喜志子と水穂宅にて知り合う。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

若山 牧水の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

若山牧水全集 (第8巻)



増進会出版社

新編 みなかみ紀行 (岩波文庫)


池内 紀 編集 /
岩波書店

若山牧水大全



古典教養文庫 2014-03-25
(若山牧水について) 若山牧水は、宮崎県に医師の長男として、一八九九年(明治三十二年)に生まれました。宮崎県立延岡中学校在校時より歌と俳句を作り始めます。一九〇四(明治三十七)

若山牧水随筆集 (講談社文芸文庫)



講談社 2013-11-29
「白鳥はかなしからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」「幾山河越えさり行かば寂しさのはてなむ国ぞ今日も旅ゆく」広く愛誦される牧水の歌は、明治末年、与謝野晶子等「明星」派の歌人とは異質の歌風によって世

若山牧水全集 (第1巻)



増進会出版社

【復刻版】若山牧水の「牧水随筆」―約30の名随筆 (響林社文庫)


しみじみ朗読文庫 編集 /
響林社 2015-04-24
【解説】 若山牧水は、酒と旅を愛した歌人です。全国を旅し、清澄流麗な中に一脈の哀愁を秘めた歌を作ると共に、独特の紀行文や随筆の類をもかなり多く書いています。 ここでは、22の随

若山牧水―伊豆・箱根紀行 (伊豆・箱根名作の旅)


岡野 弘彦 監修 /村山 道宣 編集 /
木蓮社

『若山牧水作品集・64作品⇒1冊』



若山牧水作品集・出版委員会 2015-08-30
「樹木とその葉」「みなかみ紀行」「山寺」。大の酒好きで、旅を愛し、日本各所で歌を詠んだ歌人、若山牧水の「64作品」を1冊に収録。目次一覧から目当ての作品に移動することが可能です。

若山 牧水の著書を検索する

若山 牧水の関連ニュース


若山 牧水のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、若山 牧水と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「若山 牧水」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.