鷲尾 雨工

(ワシオ・ウコウ)
鷲尾 雨工(わしお うこう、本名:鷲尾 浩、1892年4月27日 - 1951年2月9日)は日本の小説家。 新潟県西蒲原郡黒鳥村(現・新潟市西区黒鳥)生まれ。新潟県立小千谷中学校、早稲田大学英文科卒業。 作家を志し、学生時代にはダヌンツィオの『フランチェスカ・ダ・リミエ』を翻訳出版。卒業後、直木三十五とともに冬夏社を経営するも関東大震災により半年で倒産。 『吉野朝太平記』で第二回直木賞受賞。代表作に『明智光秀』『甲越軍記』などの歴史小説がある。 ペンネームは夫人が『南総里見八犬伝』から得たもの。   著書 吉野朝太平記 第1-6巻 春秋社 1935 のち富士見書房時代小説文庫 小説明智光秀 春秋社 1938 関ケ原 新版 春秋社 1938 伊逹政宗 大日本雄辯會講談社 1939.12 覇者交代 大日本雄弁会講談社 1940 織田信長 歴史小説安土・桃山 1-5 春秋社松柏館 1941 のち富士見書房時代小説文庫 黒田如水 1941 (博文館文庫) 若き家康 大日本雄辯會講談社 1941.9 戦国麗女伝 大都書房 1942 新編太平記 昭和書房 1942 合戦川中島 鷲尾雨工傑作短編集 室戸書房 1942 日本人百話 蒼生社 1942 東海片割れ月 蒼生社 1942 大楠公 大日本雄辯會講談社 1942.1 英雄時宗 フタバ書院成光館 1943 元冦 英雄時宗 続篇 フタバ書院成光館 1943 楠一族 京都市 1943 (遺族読本) 合戦小牧山 室戸書房 1943 満洲建国の人々 潮文閣 1944 千お吟 弘文社 1947 恋の和泉式部 南有書房 1948 浮城の白銀王 光文社 1949 初恋源氏 民衆之友社 1949 性心理叙説 鷲尾浩 火星社 1949 あむうる・らいふ 性の心理と技巧 鷲尾浩 あむうる社 1951 剣聖剣豪秘話 鱒書房 1955 (歴史新書) 若鷹雲を呼ぶ 和同出版社 1957 振袖夜叉 同光社出版 1958 日本剣豪伝 富士見書房 1992.11 (時代小説文庫) 甲越軍記 謙信と信玄 恒文社 1994.12 翻訳 羅馬美学 ボサンケ 美意識論 サンタヤナ 世界大思想全集 春秋社 1936 性の心理学的研究 ハヴロック・エリス 谷崎英男、斎藤良象、鷲尾浩訳 河出書房 1956 (世界性学全集)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第2回 直木賞

鷲尾 雨工の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

小説集 黒田官兵衛


末國 善己 編集 /
作品社

黒田官兵衛 (河出文庫)



河出書房新社


鷲尾 雨工の著書を検索する

鷲尾 雨工の関連ニュース


鷲尾 雨工のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、鷲尾 雨工と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「鷲尾 雨工」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.