渡辺 一夫

(ワタナベ・カズオ)
渡辺 一夫(わたなべ かずお、1901年9月25日 - 1975年5月10日)は日本のフランス文学者。日本学士院会員。ルネサンス期フランスのフランソワ・ラブレーやエラスムスなどの研究、及び『ガルガンチュワとパンタグリュエル』の日本語訳で知られる。 東京出身。暁星中学校でフランス語を始め、少年時代は巌谷小波や夏目漱石、芥川龍之介、十返舎一九、式亭三馬、『三国志』『西遊記』などを愛読し、詩や和歌も読む文学少年だった。第一高等学校文科丙類を経て、1925年東京帝国大学文学部仏文学科卒。辰野隆に師事し、鈴木信太郎、山田珠樹、豊島與志雄らの薫陶を受ける。 卒業後の1925年、旧制東京高校にフランス語の語学教員として勤務、1931年から1933年、文部省研究員としてフランスへ留学。1940年東京帝国大学文学部講師、1942年助教授。戦争が激化する中、ラブレーなどの翻訳を行った。1948年東京大学教授、1956年、明治大学兼任教授。1962年東京大学を定年退官し、立教大学文学部教授に就任。教え子で同学一般教育部専任講師としての職を得ていた渡辺一民とともに、文学部フランス文学科の創設に尽力した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

渡辺 一夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

日本の石ころ標本箱: 川原・海辺・山の石ころ採集ポイントがわかる



誠文堂新光社 2015-06-23
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。文字列のハイライトや検索、辞書の参照などの機能は使用できません。石ころ図鑑の決定

川原の石ころ図鑑



ポプラ社

日本のファッション 明治・大正・昭和・平成


渡辺 直樹 イラスト /
青幻舎

狂気について―渡辺一夫評論選 (岩波文庫)


大江 健三郎 編集 /清水 徹 編集 /
岩波書店


渡辺 一夫の著書を検索する

渡辺 一夫の関連ニュース


渡辺 一夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、渡辺 一夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「渡辺 一夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.