山田 方谷

(ヤマダ・ホウコク)
山田 方谷(やまだ ほうこく、文化2年2月21日(1805年3月21日) - 明治10年(1877年)6月26日)は、幕末期の儒家・陽明学者。名は球、通称は安五郎。方谷は号。備中聖人と称された。 略伝 山田家は元は清和源氏の流れを汲む武家であったが、方谷が生まれるころは百姓として生計をたてていた。方谷はお家再興を願う父、五朗吉(菜種油の製造・販売を家業とする農商)の子として備中松山藩領西方村(現在の岡山県高梁市中井町西方)で生まれる。5歳になると、新見藩の儒学者である丸川松隠に学ぶ。20歳で士分に取立てられ、藩校の筆頭教授に任命された。その後、藩政にも参加、財政の建て直しに貢献した。幕末の混乱期には苦渋の決断により、藩を滅亡から回避させることに成功した。しかし、明治維新後は多くの招聘の声をすべて断り、一民間教育者として亡くなった。 陽明学との出会い 方谷は29歳のとき、京都遊学で陽明学と出会う。このとき、王陽明の伝習録から朱子学と陽明学のそれぞれの利点と欠点を理解し、正しい学び方を修得した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

山田 方谷の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

山田方谷のことば―素読用 (サムライスピリット)


山田方谷に学ぶ会 編集 /
登龍館
山田方谷の言葉の本です。

現代に生かす山田方谷の思想 (山田方谷研究会会誌 3)


山田方谷研究会 編さん /
山田方谷研究会

現代に生かす山田方谷の思想 (山田方谷研究会会誌 4)


山田方谷研究会 編さん /
山田方谷研究会

山田方谷の研究2


山田方谷研究会 編集 /
吉備人出版

山田方谷の研究



山田方谷研究会

方谷遺稾



山田準

方谷遺稾



山田準

集義和書類抄


山田方谷 編集 /岡本天岳 編集 /
松邑三松堂

師門問弁録


岡本天岳 編集 /
岡本巍


山田 方谷の著書を検索する

山田 方谷の関連ニュース


山田 方谷のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、山田 方谷と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「山田 方谷」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.