山田 克郎

(ヤマダ・カツロウ)
山田 克郎(やまだ かつろう、1910年11月5日 - 1983年4月26日)は、日本の小説家。 朝鮮・釜山生まれ(石川県とするものもある)。本名・克朗。 旧制中学時代に香川県に移る。 1936年、早稲田大学商学部卒。 1937年、処女作「燈台視察船」を『オール讀物』に発表。 1941年、最初の単行本『翼の饗宴』を上梓、以後、旺盛な作家活動を戦中、戦後と続ける。 海洋もの作家として活躍し、戦後、1949年に「海の廃園」(『文藝読物』発表)で直木賞受賞。 日本テレビ放送網でテレビドラマ化された『快傑ハリマオ(原作名『魔の城』)』の原作者として知られる。 1983年4月26日、逝去。72歳没。 著作 『翼の饗宴』淡海堂出版部, 1941 『少年感化船』淡海堂出版部, 1941 『銃眼のある工場』泰光堂, 1942 『帆装』泰光堂, 1942 『南風』書楽荘書店, 1942 『炎の島』協英出版社, 1943 『坑道』春江堂, 1943 『日本海流』講談社, 1943 『美しき魂』淡海堂出版, 1943 『後藤新平』鶴書房, 1944 『北門の海』泰光堂, 1944 『海の廃園』宝文館, 1950 『青い真珠』新小説社 1951 『海の太陽』毎日新聞社, 1953 『緑の海流』豊文社, 1954 『桃太郎船長武勇伝』東方社, 1954 『地獄から来た男』東方社, 1955 『海の竪琴』河出新書, 1955 『雲を歩んだ娘』東方社, 1955 『人魚の館』東方社, 1956 『北洋国際戦』学風書院(世界ドキュメンタリー文庫) 1956 『火の海』東方社, 1956 『世界探検史』鱒書房, 1956 『ジャガイモ二挺拳銃』東方社, 1956 『徳三宝』浪速書房 1958 『火の鷹』六興出版部, 1959 『月を射つ銃声』浪速書房, 1959 『王者の庭 合気道 植芝盛平伝』浪速書房, 1959 『帆と雲と水平線』青潮社, 1960 『快傑ハリマオ』全4巻 石森章太郎絵 講談社, 1960-61 『海獣船』双葉社, 1963(世界の秘境シリーズ 第16集 7月号) 『海の異教徒』東都書房, 1963 『不思議な話意外な本』日本文芸社, 1964 『競艇選手』スポーツニッポン新聞社, 1969 『トッコ忍術漫遊記』春陽文庫, 1971 『渋沢栄一 財界のフロンティア』春陽堂書店, 1972 『いかさま雀鬼 女雀士・ジュン』桃園書房 1972 『勝海舟』鶴書房 1973 『さすらい雀鬼』桃園書房 1974 『平将門』インタナル出版部 1976 『雀鬼地獄門』桃園書房 1976 『雀鬼流れ節』桃園書房 1978 翻訳 十五少年漂流記 ジュール・ベルヌ 集英社, 1968 (少年少女世界の名作)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第22回 直木賞

山田 克郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

快傑ハリマオ(4) (石ノ森章太郎デジタル大全)



講談社 2015-02-27
アラフラ海に言い伝えられている大きな真珠。いつも恐ろしい大蛸に守られていた為、いつの間にか「アラフラのたこ」と呼ばれていた。ひょんな事から、この真珠をバンコクまで運ぶ事になった太郎。ハリマオ達と逸れて

快傑ハリマオ(3) (石ノ森章太郎デジタル大全)



講談社 2015-02-27
イギリス本国から統治庁にやって来たサーキット。島の各部族の酋長を集め、ハリマオの捕縛協力と石油の譲渡を迫る。しかし、ファイヤー族のオコン酋長は断固拒否の上、会議場を退席した。その帰路でオコン酋長は襲撃

快傑ハリマオ(2) (石ノ森章太郎デジタル大全)



講談社 2015-02-27
拳銃の早撃ちが得意な日本人少年・太郎。腕っぷしの強いドンゴロスの松。機敏に動き、尾行の得意な黒人少年・タドン小僧。ハリマオの周囲には、悪党を許さない頼もしい仲間が集っていた……。しかし、世界中で暗躍す

快傑ハリマオ(1) (石ノ森章太郎デジタル大全)



講談社 2015-02-27
太平洋戦争開戦前後の時期にマレー半島で大日本帝国陸軍に協力した“マレーの虎”こと谷豊(たにゆたか)をモデルに、山田克郎の『魔の城』を原作として制作されたテレビドラマのコミカライズ版。連載当初のネームや

海の異教徒 (1963年)



東都書房

[まとめ買い] 快傑ハリマオ(石ノ森章太郎デジタル大全)




太平洋戦争開戦前後の時期にマレー半島で大日本帝国陸軍に協力した“マレーの虎”こと谷豊(たにゆたか)をモデルに、山田克郎の『魔の城』を原作として制作されたテレビドラマのコミカライズ版。連載当初のネームや

山田 克郎の著書を検索する

山田 克郎の関連ニュース


山田 克郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、山田 克郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「山田 克郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.