山田 美妙

(ヤマダ・ミサ)
山田 美妙(やまだ びみょう、1868年8月25日(慶応4年7月8日) - 1910年(明治43年)10月24日)は、日本の小説家・詩人・評論家。言文一致体および新体詩運動の先駆者として知られる。二世曲亭主人、美妙斎、美妙子、樵耕蛙船、飛影などの号も用いた。 SF・推理小説作家の加納一朗は孫。 生涯 本名は、山田武太郎。江戸の神田柳町(現在の東京都千代田区神田須田町二丁目)に旧南部藩士山田吉雄の長男として生まれる。3歳のとき父が地方に赴任し、母よし、その養母海保ますと芝神明前(浜松町)に、桶屋を家業として住む。父は鳥取、長野などの警察部長を歴任し、その後武徳会に関係して京都に住み、1911年(明治44年)に没した。1874年に私立烏森学校入学、この頃尾崎徳太郎(紅葉)と知り合う。翌年公立巴学校に転校。12歳頃から詩を学んで小田源蔵に教えを受け、漢文を石川鴻斎から、和歌を叔父の山田吉就から学んだ。1879年(明治12年)東京府第二中学(1881年に府第一中と統合し東京府中学)入学、幼友達の紅葉と再会。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

山田 美妙の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

山田美妙集 第10巻: 評論・随筆2


『山田美妙集』編集委員会 編集 /
臨川書店

いちご姫・蝴蝶 他二篇 (岩波文庫)


十川 信介 その他 /
岩波書店

いちご姫・蝴蝶 他二篇 (岩波文庫)



岩波書店 2015-08-20
「ああ小,小,男子など何でもない!」公家の姫君から女盗賊へ,戦国末世を流転する美貌の烈女いちご姫.二葉亭四迷と並ぶ言文一致の先駆,山田美妙(1868-1910)の新奇華麗な文体に明治の世は目をみはり,

山田美妙集 第8巻 韻文/戯曲


『山田美妙集』編集委員会 編集 /
臨川書店 2016-06-10

山田美妙集 第9巻: 日本語表現/評論・随筆1


『山田美妙集』編集委員会 編集 /
臨川書店

山田美妙 (明治の文学)


坪内 祐三 編集 /嵐山 光三郎 編集 /
筑摩書房
01年初版1刷発行です。カバー表紙に斑ヤケ、背表紙上部の小ヤブレ(=3ミリを裏より透明テープで補正済)等の若干の経年感がございます。本文は、栞紐が未使用で、書き込み・折れ・ヤケ・ヨゴレ等はございません

武蔵野



2012-10-04
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

山田美妙集 第1巻: 小説1・初期文集


「山田美妙集」編集委員会 編集 /
臨川書店


山田 美妙の著書を検索する

山田 美妙の関連ニュース


山田 美妙のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、山田 美妙と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「山田 美妙」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.