山口 瞳

(ヤマグチ・ヒトミ)
山口 瞳(やまぐち ひとみ、本名同じ、1926年(大正15年)11月3日 - 1995年(平成7年)8月30日)は、日本の男性作家、エッセイスト。 妹は日本舞踊家の花柳若奈(本名:栄)でジェリー伊藤の妻。作家で映画評論家の山口正介は息子。 生涯 東京市麻布区に生まれ育つ。父親はアイディアマンの実業家。母親は横須賀の柏木田遊郭の経営者の娘で(ただし、その事実は、終生子供には隠していた)、美人で社交的で粋な女性。非常に雰囲気が明るく、交友関係も広く、派手な家庭であった。長唄三味線家元の杵屋勝東治、その息子である、後の若山富三郎、勝新太郎も出入りしていた。 父親の事業が一時失敗し、落魄して川崎の尻手付近に「都落ち」したこともあり、山口の中ではその赤貧時代が原風景としていつまでも残り、派手好きでありながら、一方で非常に謹直であるという複雑な性格の元となった。家族の間では「冷血動物」とあだ名されたという。 小学校時代は野球に熱中し、同級生に元東急フライヤーズ投手の黒尾重明がいた。旧制麻布中学を経て旧制第一早稲田高等学院を中退。 兵役の後、1946年に鎌倉アカデミアに入学し、在学中から同人誌に作品を発表。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第48回 直木賞

山口 瞳の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

【合本】イラストでよくわかる 写真家65人のレンズテクニック+イラストでよくわかる カメラとレンズの疑問108 イラストでよくわかるシリーズ



インプレス 2016-02-25
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

イラストでよくわかる カメラとレンズの疑問 108 イラストでよくわかるシリーズ



インプレス 2016-02-25
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

大人かわいい贈り物50選 ~ハンドメイドだから伝わる~


マガジンランド書籍編集部 編集 /PieniSieni その他 /nemworks その他 /Un Tissu その他 /源五郎丸耀子 その他 /Akemi Sekine その他 /桑原 琴美 その他 /神戸 沙織 その他 /piko-miyu その他 /ninayoko その他 /ハコベノハコ その他 /しろいろ その他 /zgennz その他 /浅草 源氏 その他 /UROCO その他 /のん木屋 根元 衣代 その他 /泉谷 澄江 その他 /風早 りえ子 その他 /Takahara Ululea Misuzu その他 /大森 瞳 その他 /Little SAKURANBO その他 /菅原 美佐子 その他 /A t s u m i その他 /Handmade +09 その他 /T-Hand Work その他 /川村 蘭 その他 /今西あけみ その他 /山口 香菜 その他 /henteco その他 /MAYAMI その他 /三角 綾子 その他 /y.sumi その他 /ハルコウヤ その他 /ひろまま その他 /Pierrot その他 /mayuen その他 /手作りの小鳥hato*hana その他 /北條 美保 その他 /エムラべス。 その他 /umeka その他 /handvaerker その他 /縫い工房 その他 /ヒナリ その他 /laugh sion その他 /藤田 加織 その他 /mame ☆ kibi その他 /よしざわ いずみ その他 /Caranfee その他 /Polka dots その他 /
マガジンランド

礼儀作法入門



新潮社 2013-05-17
礼儀作法とは何か。それは「他人に迷惑をかけない」ことだと、山口瞳はいう。そのためにも「まず、健康でなくてはならない」と。世に作法の本は数あれど、礼儀を人づきあいの根本から教えてくれる書物は意外に少ない

礼儀作法入門 (集英社文庫)



集英社 2014-08-01
“多くの礼儀作法の書物が教科書であるとすれば、私の書いたのは副読本である”。礼儀正しくあれと悪戦苦闘する著者の、苦心談、失敗談をおりまぜ、飄逸軽妙な文体で描かれたエッセイ風エチケット入門。宴席や接待で

山口瞳 電子全集5 『男性自身V 1980~1983年』



小学館 2017-04-28
“盟友”向田邦子への追悼文「木槿の花」8篇を含む「男性自身」830~1033話までを完全収録。収録作品は、「週刊新潮」1980年1月3日号の第830話「年の終り」から、1983年12月

山口 瞳の著書を検索する

山口 瞳の関連ニュース


山口 瞳のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、山口 瞳と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「山口 瞳」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.