山口 青邨

(ヤマグチ・セイソン)
山口 青邨(やまぐち せいそん、1892年5月10日 - 1988年12月15日)は、岩手県出身の俳人、鉱山学者。高浜虚子に俳句を師事、工学博士として東京大学に勤めながら俳誌「夏草」を主宰した。本名は吉朗(きちろう)。初号は泥邨。 岩手県盛岡市出身。父は士族の家柄。5歳のときに母が死去し、母方の叔父夫妻の元で育った。岩手県立盛岡中学校卒業、1910年、第二高等学校入学。野球部でキャプテンを務めた。1916年、東京帝国大学工科大学採鉱科卒業。古河鉱業に入社。1918年、退社し農商務省技師として鉱山省に勤務。19年にはシベリア炭鉱を調査した。1921年、東京大学工学部助教授。1922年結婚。1927年から1929年までベルリンに留学。1929年、東京大学工学部教授。1953年、東大教授を定年退職し名誉教授。 二高時代にドイツ語教授の戸張一郎から文学上の影響を受ける。1920年に文芸誌「玄土」を創刊、シュトルムの「湖」を日本で初めて訳し、「蜜蜂の湖」の題で発表した。1922年より高浜虚子に師事。「山会」に参加し、はじめは写生文の書き手として頭角を現した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

山口 青邨の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

平凡社俳句歳時記 夏


富安 風生 編集 /
平凡社

北海道・東北ふるさと大歳時記


山口 青邨 編集 /沢木 欣一 編集 /鷹羽 狩行 編集 /加藤 楸邨 編集 /石原 八束 編集 /
角川書店

平凡社俳句歳時記 春


飯田 蛇笏 編集 /
平凡社

平凡社俳句歳時記 秋


水原 秋桜子 編集 /
平凡社

俳句歳時記 春の部


富安 風生 編集 /井本 農一 編集 /水原 秋桜子 編集 /山本 健吉 編集 /飯田 蛇笏 編集 /大野 林火 編集 /山口 青邨 編集 /
平凡社

平凡社俳句歳時記 冬


山口 青邨 編集 /
平凡社

平凡社俳句歳時記 新年


大野 林火 編集 /
平凡社

俳句歳時記 新年の部


富安 風生 編集 /井本 農一 編集 /水原 秋桜子 編集 /山本 健吉 編集 /飯田 蛇笏 編集 /大野 林火 編集 /山口 青邨 編集 /
平凡社


山口 青邨の著書を検索する

山口 青邨の関連ニュース


山口 青邨のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、山口 青邨と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「山口 青邨」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.