山本 健吉

(ヤマモト・ケンキチ)
山本 健吉(やまもと けんきち、1907年(明治40年)4月26日 - 1988年(昭和63年)5月7日)は、文芸評論家。本名は石橋貞吉。 文芸評論家石橋忍月の三男。最初の妻は俳人の石橋秀野。なお秀野の妹は漫画家の清水崑の妻である歌人の清水恒子。 来歴・人物 石橋忍月の三男として、長崎市に生まれる。旧制長崎中学、慶應義塾大学国文科卒業。折口信夫に師事した。 日本の古典詩歌に詳しく、古典作品と現代文学との関係の究明に力を注いだ。また、ながく文芸時評もつとめ、現代文学に関する著作も多い。「第三の新人」という用語を最初に用いた人物でもある。 1929年、藪秀野(のち俳人石橋秀野)と結婚。このころ二人とも当時、非合法下の日本共産党に入党。1932年、特高警察に一か月近く拘留される。 1933年、改造社に入社し、1934年創刊の総合俳誌「俳句研究」に携わり現代俳句への造詣を深める。 1939年8月、「俳句研究」の座談会「新しい俳句の課題」で人間探求派なる用語が生まれた。司会、山本健吉、参加者、中村草田男、加藤楸邨、石田波郷、篠原梵。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第34回 野間文芸賞

山本 健吉の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

定本 現代俳句 (角川選書)



KADOKAWA/角川学芸出版 1998-04-24

定本 現代俳句 (角川選書)



KADOKAWA / 角川学芸出版 2015-03-26
近現代俳句の優れた鑑賞書であり、俳句の奥深さと可能性をあますところなく伝える不朽の名著。正岡子規をはじめ四八人の俳人ごとに句を鑑賞し、表現はもとより俳人の決意までを読みとる。引用句索引付き。

ことばの歳時記 (角川ソフィア文庫)



KADOKAWA / 角川学芸出版 2016-11-25
季節のことばとは、私たちの住むこの風土を認識することば。たとえば「春一番」「青葉潮」「やませ」――季節感だけではなく、喜怒哀楽に満ちた生活の知恵をも感じさせる。古来より世々の歌よみたちが思想や想像力を

芭蕉全発句 (講談社学術文庫)



講談社 2017-01-06
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

俳句鑑賞歳時記 (角川ソフィア文庫)


平井 照敏 その他 /
KADOKAWA / 角川学芸出版 2013-12-12
著者が四〇年にわたって鑑賞してきた古今の名句から約七〇〇句を厳選し、歳時記の季語の配列順に並べなおした。深い教養に裏付けられた平明で魅力的な鑑賞と批評は、初心者にも俳句の魅力を存分に解き明かす。

俳句鑑賞歳時記 (角川ソフィア文庫)


古瀬 稔 イラスト /
角川書店


山本 健吉の著書を検索する

山本 健吉の関連ニュース


山本 健吉のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、山本 健吉と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「山本 健吉」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.