山村 美紗

(ヤマムラ・ミサ)
山村 美紗(やまむら みさ、1934年8月25日 - 1996年9月5日)は、日本の小説家、推理作家。父・木村常信は京都大学名誉教授で、1926年京都帝国大学大学院法学研究科に進学後、朝鮮総督府京城法学専門学校長に任じられ終戦まで朝鮮に在住したため、山村も日本統治下の朝鮮・京城(現在のソウル)で生まれ育った。弟は政治学者の木村汎、長女は女優の山村紅葉、次女は山村真冬。夫は京都・東山高校の元数学教師で、退職後、70歳を過ぎてから画家となった山村巍(作品は亡妻の肖像画が主)。山村美紗は4人姉弟の長女であり、他に妹が2人いる。 来歴・人物 国内におけるミステリー界の女王やトリックの女王と呼ばれた。日本のアガサ・クリスティとも讃えられた。 1957年、京都府立大学文学部国文科を卒業。その後1964年まで京都市立伏見中学校で国語教師として教職に就いていた。結婚後、1967年頃から創作を始め、1970年に「京城の死」で江戸川乱歩賞候補、翌年の1971年に「死体はクーラーが好き」が小説サンデー毎日新人賞候補となり、その後1974年に『マラッカの海に消えた』で作家としてメジャーデビューを果たした。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

山村 美紗の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

京都の祭に人が死ぬ (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2014-08-22
都大路をねり歩く華麗な時代祭の行列。先頭の馬車に仕掛けられた爆弾によって市長が死亡、さらに再開した行列の中で静御前に扮した女性が青酸死した――。テレビ中継のゲストとして祭を見ていた推理作家矢村麻沙子は

京都の祭に人が死ぬ (集英社文庫)



集英社 2014-09-12
“鞍馬の火祭”が終った境内に転がっていた黒焦げの死体を身代わりに、巧みな戸籍操作で逃げていたはずだったが……。意外な結末にアッと息をのませる「鞍馬の火祭」ほか、祇園祭、時代祭、くらやみ祭など、歴史と伝

長良川鵜飼殺人事件 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2017-04-28
祇園まつりの夜、三条通りの宝石店に二人組の強盗が押し入り、店長を殺害したうえ、多額の宝石を奪って逃走。ところが、その後、盗まれた宝石の一つが長良川の鮎の腹から発見された。浜口とキャサリンは調査に乗り出

京都殺人地図 (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
江夏冬子は二十九歳、東大法卒、スタイル抜群の美人。そして京都府警の捜査一課への新任検視官でもある。着任の翌日、早速、事件が起きた。密室の勉強部屋で中学三年生の女の子が死んでいたのだ。外傷ナシで死因は不

山村 美紗の著書を検索する

山村 美紗の関連ニュース


山村 美紗のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、山村 美紗と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「山村 美紗」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.