山上 憶良

(ヤマノウエノ・オクラ)
山上 憶良(やまのうえ の おくら、斉明天皇6年(660年)? - 天平5年(733年)?)は、奈良時代初期の貴族・歌人。名は山於 億良とも記される。姓は臣。官位は従五位下・筑前守。 出自 山上憶良は、春日氏の一族にあたる皇別氏族の山上氏(山上臣)の出自とされる。山上の名称は大和国添上郡山辺郷の地名に由来するとされ、山於(やまのえ)とも記される。 一方で日本文学界において万葉学者の中西進が、憶良は天智・天武両天皇の侍医を務めた百済人憶仁の子で、百済の滅亡に際して父親とともに日本に渡来、近江国甲賀郡山直郷に住み着いたことから山上氏を称するようになったが、次第に土地の有力氏族である粟田氏に従属し同族化していったとする説を唱えている。この説に対しては、青木和夫、佐伯有清が、歴史学の立場から批判を加えている。 大宝元年(701年)第七次遣唐使の少録に任ぜられ、翌大宝2年(702年)唐に渡り儒教や仏教など最新の学問を研鑽する(この時の冠位は無位)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

山上 憶良の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

山上 憶良の著書を検索する

山上 憶良の関連ニュース


山上 憶良のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、山上 憶良と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「山上 憶良」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.