山岡 荘八

(ヤマオカ・ソウハチ)
山岡 荘八(やまおか そうはち、1907年1月11日 - 1978年9月30日)は、日本の小説家・作家。歴史小説を中心に活躍。本名は藤野 庄蔵(ふじの しょうぞう)。従四位勲二等瑞宝章叙勲。 生活の党前衆議院議員の山岡賢次は養子。民主党前衆議院議員の山岡達丸は孫。 新潟県北魚沼郡小出町(現:魚沼市)の山内家に生まれる。1918年川で泳いでいて前額部を強打、瀕死の重傷を負い後々までこぶとして残る。1920年高等小学校を中退して上京、博文館印刷所で文選工として働きつつ逓信省の研究所に学ぶ。1924年より印刷・製本業を始め、1932年万里閣に入社し、雑誌『ギャング』を編集、「変態銀座デカメロン」を連載。1933年後妻として迎えた妻の実家である加賀安宅(現、石川県小松市)の藤野家に入り、以後、藤野姓を名乗る。妻は筆名山岡道枝。長谷川伸に入門、山岡荘八の筆名を用いる。 1938年に「約束」で「サンデー毎日大衆文芸」入選。長谷川伸の新鷹会に入会。1939年初の著書『からゆき軍歌』を上梓。1942年より従軍作家として各戦線で活動。『海底戦記』その他で野間文芸奨励賞受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第2回 吉川英治文学賞

山岡 荘八の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

徳川家康 文庫 全26巻 完結セット (山岡荘八歴史文庫)



講談社
26巻セットです。古本屋ですべて購入したものです。値札ラベルをはがして梱包しておりますので、粘着が残ってる場合があります。

徳川家康(1) 出生乱離の巻 (山岡荘八歴史文庫)



講談社 2012-12-21
竹千代(家康)が生まれた年、信玄は22歳、謙信は13歳、信長は9歳であった。動乱期の英傑が天下制覇の夢を抱くさなかの誕生。それは弱小松平党にとっては希望の星であった――剛毅と希望を兼ね備えて泰平の世を

織田信長(1) 無門三略の巻 (山岡荘八歴史文庫)



講談社 2015-06-05
吉法師(信長)は、奔放奇抜な振るまいで家中のひんしゅくを買う“うつけ者”。だが、燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らん。手始めは尾張織田の統一だ。美濃の梟雄斎藤道三から娘の濃姫を娶った信長は、アンチ信長派の旗

小説太平洋戦争 文庫 全9巻 完結セット (山岡荘八歴史文庫)



講談社
小説太平洋戦争 文庫 全9巻 完結セット (山岡荘八歴史文庫)

徳川家康(2) 獅子の座の巻 (山岡荘八歴史文庫)



講談社 2013-01-07
幼くして母との離別。さらに父広忠の非業の死。そして今川家への人質。乱世の嵐は容赦なく竹千代を翻弄する。しかし、思いがけず宿敵織田方の手に落ちた運命のいたずらで、竹千代は生涯の盟友となる信長と相まみえた

山岡 荘八の著書を検索する

山岡 荘八の関連ニュース


山岡 荘八のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、山岡 荘八と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「山岡 荘八」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.