山沢 晴雄

(ヤマザワ・ハルオ)
山沢 晴雄(やまさわ はるお、1924年2月6日- )は日本の小説家、推理作家。
大阪市生まれ。旧制大阪府立北野第二中学卒。
1951年 別冊宝石に発表した「砧最初の事件」「仮面」でデビュー。
「宝石 (雑誌) 宝石」などの雑誌に掲載された短編が中心。主に鮎川哲也が編集した推理小説アンソロジーに収録されている。
悪の扉
砧自身の事件 ダミープロット
知恵の輪殺人事件
砧最後の事件
砧最初の事件
砧未発表の事件
京都発"あさしお7号"
金知恵の輪
銀知恵の輪
死の黙劇
宗歩忌
離れた家
見えない時間
密室の夜
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

山沢 晴雄の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

幻影城 1976年11月号 No.24


島崎博 編集 /
幻影城
特集:新青年 1924・6&1925・4、甲賀三郎・水谷準・谷譲次

山沢 晴雄の著書を検索する

山沢 晴雄の関連ニュース


山沢 晴雄のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、山沢 晴雄と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「山沢 晴雄」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.