楊 逸

(ヤン・イー)
楊 逸(やん いー、本名:劉 莜(りゅう・ちょう、「ちょう」は草冠に「攸」)、1964年6月18日 - )は日本の小説家である。中国ハルビン市出身、中国籍。2008年、「時が滲む朝」で第139回芥川賞受賞。中国籍の作家として、また日本語以外の言語を母語とする作家として史上初めての受賞となった。 父はハルビンの大学で漢文を教えていたが、1970年1月に文化大革命で蘭西県の農村に下放され、1973年9月にハルビンに戻る。中学生の頃、日本にいる親戚が送ってきた日本の都会の風景写真を見て日本に憧れる。ハルビンの大学に進学し、会計学を専攻するが、将来に不安を感じて卒業の半年前に中退。 1987年、留学生として来日。この時点では日本語が全く分からなかったため、パソコンの外枠の組み立て工場や、中華料理店での皿洗いなどの仕事をして授業料を稼ぎ日本語学校に通った。歌手の松田聖子が歌うカセットテープをゴミ捨て場から拾って、それを日本語の聞き取りの勉強に使ったりもした。お茶の水女子大学文教育学部地理学専攻卒業後、繊維関係の会社や在日中国人向けの新聞社勤務を経て2000年に中国語教師となる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第139回 芥川賞 / 第105回 文學界新人賞

楊 逸の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

考えるマナー (中公文庫)



中央公論新社 2017-01-19

時が滲む朝 (文春文庫)


楊 逸 原著 /
文藝春秋 2011-02-10

時が滲む朝 (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
中国の小さな村に生まれた梁浩遠(リャン・ハウユェン)と謝志強(シェー・ツェーチャン)。大きな志を抱いて大学に進学した2人を、1989年の天安門事件が待ち受ける──。“我愛中国”を合言葉に中国を民主化し

時が滲む朝


楊 逸 原著 /
文藝春秋

飛ぶ教室 第47号 (2016年秋) (行き帰りの道)


飛ぶ教室編集部 編集 /
光村図書出版

ワンちゃん (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
中国人女性の「王愛勤」ことワンちゃんは、名前のとおりの働き者。女癖が悪く働かない中国人の前夫に愛想を尽かし、心機一転、日本人と見合い結婚をして、はるばる愛媛へやってきた。家事に夫の送り迎え、病気の姑の

ワンちゃん (文春文庫)


楊 逸 原著 /
文藝春秋 2010-07-09

ワンちゃん


楊 逸 原著 /
文藝春秋

流転の魔女 (文春文庫)



文藝春秋 2016-01-29
来日三年目、居酒屋で時給900円のバイトをしながら法律の勉強にはぜむ中国人女子大生の林杏(りんきょう)は、ふとしたきっかけで、カード犯罪で逮捕された中国人の通訳を務めることになる。4時間弱

流転の魔女 (文春文庫)


楊 逸 原著 /
文藝春秋 2015-12-04


楊 逸の著書を検索する

楊 逸の関連ニュース


楊 逸のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、楊 逸と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「楊 逸」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.