やなせ たかし

(ヤナセ・タカシ)
やなせ たかし(本名:柳瀬 嵩、1919年〈大正8年〉2月6日 - 2013年〈平成25年〉10月13日)は、日本の漫画家、絵本作家、詩人。有限会社やなせスタジオ社長。 『アンパンマン』の生みの親として知られる。社団法人日本漫画家協会代表理事理事長(2000年5月 - 2012年6月)、社団法人日本漫画家協会代表理事会長(2012年6月 - 2013年10月)を歴任。 絵本作家・詩人としての活動が本格化する前までは頼まれた仕事はなんでもこなしたといい、編集者、舞台美術家、演出家、司会者、コピーライター、作詞家、シナリオライターなど様々な活動を行っていた。 生い立ち 東京府北豊島郡滝野川町字西ヶ原(現:東京都北区)生まれ。父方の実家は高知県香美郡在所村(現:香美市にあり、伊勢平氏の末裔で300年続く旧家)。父親は上海の東亜同文書院を卒業後、上海の日本郵政に勤めた後、講談社に移り「雄弁」で編集者を務めた。 父親はやなせの生まれた翌年に東京朝日新聞に引き抜かれ、1923年(大正12年)に特派員として単身上海に渡る。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

やなせ たかしの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

やなせ たかしの著書を検索する

やなせ たかしの関連ニュース


やなせ たかしのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、やなせ たかしと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「やなせ たかし」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.