矢野 龍渓

(ヤノ・リュウケイ)
矢野 龍渓(やの りゅうけい、1851年1月2日(嘉永3年12月1日) - 1931年(昭和6年)6月18日)は、幕末の佐伯藩士、明治時代の官吏、著作家、ジャーナリスト、政治家。太政官大書記官兼統計院幹事、『郵便報知新聞』社長、宮内省式部官、清国駐箚特命全権公使、大阪毎日新聞社副社長を歴任。 本名は文雄(ふみお)、龍渓は号である。別号に天峯居士。 生涯 生い立ち 豊後国(現在の大分県)に、佐伯藩(毛利家)の藩士・矢野光儀の長男として生まれる。父は浦奉行や町奉行、郡奉行を歴任。 少年時に藩校・四教堂に学び、攘夷論が起こった時には自らすすんで鉄砲所へ入り鉄砲術の免許皆伝を受ける。祖父からは儒教的訓練と政治の素質を受け継ぎ、父からは『ロビンソン漂流記』を読み聞かされるなど西洋の知識を授けられた。広瀬淡窓の高弟・秋月橘門及び帆足万里に学び、藩主から一目置かれる存在となる。 1868年(慶応4年)の鳥羽・伏見の戦いの際は藩主に従って京都に上り、鳥羽伏見の戦いでは朝廷親兵の分隊長として禁裏御門の警護に当たり、後に帰藩して青年組の領袖として活躍する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

矢野 龍渓の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

矢野 龍渓の著書を検索する

矢野 龍渓の関連ニュース


矢野 龍渓のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、矢野 龍渓と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「矢野 龍渓」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.