横尾 忠則

(ヨコオ・タダノリ)
横尾 忠則(よこお ただのり、1936年6月27日 - )は、兵庫県西脇市生まれの美術家、グラフィックデザイナー。西脇市名誉市民。 幼少期に西脇でさまざまな超常現象を経験。死の世界に憧れを抱く。神戸新聞社にてグラフィックデザイナーとして活動後、独立。1980年7月にニューヨーク近代美術館にて開催されたピカソ展に衝撃を受け、その後、画家宣言。以来、美術家としてさまざまな作品制作に携わる。三島由紀夫に出会い三島の「聖俗一体」的言動に触発される。三島の死をきっかけにその後の15年間をオカルティズムや神秘主義まで包括した精神世界に傾斜してゆくが、それらが大いなる錯覚だったと気づき「私」の探求の延長線上で絵画に出会う。精神世界と絵画は全く別の存在だと考えていたが、後にこの両者が自分すら知らない深いところで結びついていると感じるに至る。。向田邦子脚本によるテレビドラマ『寺内貫太郎一家』(1974年・TBS)では、倉田という謎の多い人物を演じた。長女の横尾美美も美術家。 1936年 - 兵庫県多可郡西脇町(現在の西脇市)に成瀬光政とツヨの次男として生まれる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第36回 泉鏡花文学賞

横尾 忠則の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

猫なんて!



キノブックス

横尾忠則全ポスター



国書刊行会

死なないつもり (ポプラ新書)



ポプラ社 2016-10-07

死なないつもり (ポプラ新書)



ポプラ社 2016-10-19
「完璧さは求めない。 次に進むためにはむしろ未完であることが重要です」「アイデアはこねくりまわさない。 大勢の価値観にあてはめると、ロクなことにならないから」 80歳を迎え、なお旺盛な活動を続ける美術

イメージの越境者



美術出版社

言葉を離れる



青土社


横尾 忠則の著書を検索する

横尾 忠則の関連ニュース


横尾 忠則のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、横尾 忠則と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「横尾 忠則」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.