横光 利一

(ヨコミツ・リイチ)
横光 利一(よこみつ りいち、1898年(明治31年)3月17日 - 1947年(昭和22年)12月30日)は、日本の小説家・俳人・評論家である。本名は横光利一(としかず)。 菊池寛に師事し、川端康成と共に新感覚派として大正から昭和にかけて活躍した。『日輪』と『蝿』で鮮烈なデビューを果たし、『機械』は日本のモダニズム文学の頂点とも絶賛され、また形式主義文学論争を展開し『純粋小説論』を発表するなど評論活動も行い、長編『旅愁』では西洋と東洋の文明の対立について書くなど多彩な表現を行った。1935年(昭和10年)前後には「文学の神様」と呼ばれ、志賀直哉とともに「小説の神様」とも称された。 戦後は戦中の戦争協力を非難されるなか、『夜の靴』などを発表した。死後、再評価が進んだ。 生涯 幼少期 1898年(明治31年)3月17日、福島県北会津郡東山村大字湯本川向の旅館「新瀧」(今の東山温泉)で、鉄道の設計技師であった父・梅次郎(31歳)、母・小菊(こぎく、27歳)の長男として生まれる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

横光 利一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

大正文学小説大全



古典教養文庫 2013-11-29
(第二版について)2013.11.301、レビューをいただいた点を考慮し、見出しを工夫してKindleの「移動」メニューから直接、各小説に行けるようにしました。2、

機械

¥540 (⇒¥459

ゴマブックス 2016-07-20

機械 (青空文庫POD(シニア版))

¥486

青空文庫POD 2016-03-31

旅愁(下) (岩波文庫)



岩波書店

昭和前期小説大全



古典教養文庫 2013-12-20
(第二版について)2013.12.21 1、各小説には、Kindleでは本の最初にある目次から行くことができますが、レビューをいただいた点を考慮し、見出しを工夫してKindle

旅愁(上) (岩波文庫)



岩波書店

機械 (青空文庫POD(大活字版))

¥540

青空文庫POD 2016-03-31


横光 利一の著書を検索する

横光 利一の関連ニュース


横光 利一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、横光 利一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「横光 利一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.