横溝 正史

(ヨコミゾ・セイシ)
横溝 正史(よこみぞ せいし、1902年(明治35年)5月24日 - 1981年(昭和56年)12月28日)は、日本の小説家、推理作家。本名は同字で「よこみぞ まさし」。当初は筆名も同じ読みであったが、誤読した作家仲間にヨコセイと渾名されているうちに、セイシをそのまま筆名とした(エッセイ「本名と筆名」による)。兵庫県神戸市東川崎(現在の中央区、神戸ハーバーランド界隈)生まれ。 金田一耕助を探偵役とする一連の探偵小説で有名。また、薬剤師免許を持っていた。 1902年(明治35年)5月24日、兵庫県神戸市東川崎に父・宜一郎、母・波摩の三男として生まれる。父親は岡山県浅口郡(現倉敷市)船穂町柳井原出身。 1920年(大正9年)3月、神戸二中(現・兵庫県立兵庫高等学校)を卒業、第一銀行神戸支店に勤務。 1921年、雑誌『新青年』の懸賞に応募した「恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール)」が入選作となる。これが処女作とみなされている。 1924年、大阪薬学専門学校(大阪大学薬学部の前身校)卒業後、一旦薬剤師として実家の生薬屋「春秋堂」に従事していたが、1926年に江戸川乱歩の招きに応じて上京、博文館に入社する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

横溝 正史の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

金田一耕助ファイル1 八つ墓村<金田一耕助ファイル> (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2012-10-01
戦国の頃、三千両の黄金を携えた八人の武者がこの村に落ちのびた。だが、欲に目の眩んだ村人たちは八人を惨殺。その後、不祥の怪異があい次ぎ、以来この村は“八つ墓村”と呼ばれるようになったという――。大正×年

八つ墓村 (角川文庫)



角川書店(角川グループパブリッシング)

八つ墓村(後編) (コミックノベルス)


横溝 正史 原著 /
講談社

八つ墓村



角川書店

八つ墓村 ()



KADOKAWA
角川CDブック。 CD3枚組。

金田一耕助ファイル2 本陣殺人事件<金田一耕助ファイル> (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2012-10-01
江戸時代からの宿場本陣の旧家、一柳家。その婚礼の夜に響き渡った、ただならぬ人の悲鳴と琴の音。離れ座敷では新郎新婦が血まみれになって、惨殺されていた。枕元には、家宝の名琴と三本指の血痕のついた金屏風が残

金田一耕助ベスト・セレクション 2 本陣殺人事件<金田一耕助ベスト・セレクション> (あすかコミックスDX)


横溝 正史 その他 /
KADOKAWA / 角川書店 2016-01-26
雅な琴の音に彩られた、名家の婚礼。その初夜に起こった凄惨な殺人事件に名探偵・金田一耕助が挑む! 雪の中の密室、謎の指の血痕、深夜に響いた琴の音の謎とは……!? 横溝正史の傑作ミステリーをJETが漫画化

本陣殺人事件 (角川文庫)



角川書店(角川グループパブリッシング)


横溝 正史の著書を検索する

横溝 正史の関連ニュース


横溝 正史のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、横溝 正史と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「横溝 正史」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.