横関 大

(ヨコセキ・ダイ)
横関 大(よこぜき だい、1975年2月18日 - )は、日本の小説家・推理作家。静岡県生まれ。武蔵大学人文学部日本文学科卒業。 大学生のときに小説を書き始める。当初は純文学を執筆していた。大学卒業後、約5年間東京都内でアルバイトをしながら小説家を目指す。カルチャースクールの創作教室に1年間通っていたときに、ミステリー系の短編を執筆したら評判がよく純文学からミステリーに転向する。20代後半で地元に戻り富士宮市職員として働く傍ら、2002年から8年連続で江戸川乱歩賞に応募し、2006年「ライダーズ・ハイ」で、2007年「聖クレーマーの憂鬱」で、2008年「ハーネス」で、最終候補作に残る。2010年『再会』(応募時のタイトルは「再会のタイムカプセル」)で第56回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。選考委員の内田康夫は「よく練られたプロットと平明な文章力に力を感じさせ、受賞にふさわしい作品ではあった」、恩田陸は「目新しい題材は何もないのに、面白く自然に読ませるところに感心した」、天童荒太は「事件の派手さではなく、語り口で引っ張ったことを、高く評価したい」、東野圭吾は「背伸びすることをやめ、『乱歩賞の傾向と対策』のようなものから解放されたのが勝因だと思う」と評した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第56回 江戸川乱歩賞

横関 大の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

スマイルメイカー



講談社

スマイルメイカー



講談社 2015-06-26
家出少年が、濡れ衣を着せられた犯罪者が、バツイチの女性弁護士が、右手を上げてタクシーを止める。少年は失踪し、タクシーが消え、思わぬ真実が待ち受ける。感動と興奮の書き下ろし長編ミステリー!――子供だろう

チェインギャングは忘れない (講談社文庫)



講談社 2014-10-10
五人の受刑者が脱走した日、彼女は、記憶喪失の青年と出逢った。毎年クリスマスに女性を襲う連続殺人鬼「サンタクロース」。犯人を逮捕できないまま、次の犯行日を三日後に控えたある日、一台の護送車が襲われた。脱

グッバイ・ヒーロー (講談社文庫)



講談社 2013-10-11
立て籠もり現場にピザを届けることになったバンドのリーダー、伊庭亮太。だがそこにいたのは、腰の低いおっさんだった。託されたメッセージ。奇しくも今夜は大切なライブの日。だけど困っている人がいたら助けなけれ

偽りのシスター (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2016-10-07
麻薬密売の容疑者を射殺してしまった刑事の楠見和也。しかし上長の指示で、後輩の野口に罪を被せることに。同居する兄にも真実を言えず、和也は良心の呵責に苛まれる。そこへ腹違いの妹と名乗る女・麻美

偽りのシスター (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2016-10-07


横関 大の著書を検索する

横関 大の関連ニュース


横関 大のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、横関 大と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「横関 大」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.